メインメニューを開く

差分

旧暦換算、水戸黄門の記述など追加。
'''安積 澹泊'''('''あさか たんぱく'''、[[明暦]]2年([[1656年]])~) - [[元文]]2年[[12月10日 (旧暦)|12月10日]]([[17371738]][[1月29日]]))は、[[江戸時代]]中期の[[儒学者]]。諱は覚、字は子先、通称は覚兵衛、号は澹泊、老圃、老圃常山など
 
[[朱舜水]]に[[儒学]]を学び、[[徳川光圀]]を助けて『[[大日本史]]』を編纂する。安積澹泊の歴史観は[[名分論]]に立ったものであり、[[水戸学]]の基礎を築いたと評価される。
 
『[[水戸黄門]]』の[[渥美格之進]](格さん)のモデルになった人物である。
{{substub}}
 
==関連項目==
*[[佐々宗淳]] - [[佐々木助三郎]](助さん)のモデル
 
{{People-substub}}
 
[[Category:儒学者|あさか たんはく]]
[[Category:江戸時代の人物|あさか たんはく]]
[[Category:18世紀の学者|あさか たんはく]]
{{生没年|たさい しゆんたい|1656年|17371738年}}
108,186

回編集