「日局クレオソート」の版間の差分

スタイル修正
(クレオソート 2006年12月9日 (土) 14:40 (JST) 版より分割。すぐにスタイル修正します。)
 
(スタイル修正)
*'''日局クレオソート'''は、 [[ブナ]]などを[[乾留]]させる際に[[水蒸気]]とともに留出する油層(木タール)を蒸留して得られる、淡黄色で[[燻製]]のような臭いのある油状の液体。[[日本薬局方]]に収載されていることから、[[クレオソート油]]と区別するために「日局」をつけて呼ばれる。'''木クレオソート'''ともいう。
 
木クレオソートは[[日本薬局方]]に収載されていることから、'''日局クレオソート'''とも呼ばれ、淡黄色で燻製のような臭いのある油状の液体である。多環芳香族炭化水素]]はほとんど含有していない。その代わりにせず、木材中の糖類などが熱分解して生成した環状ケトンなどを含有する。[[正露丸]]などの鎮痛服用薬として用いられている。こちらもやはり<u>発がん性の指摘があるフェノール類を含有していることから安全性を懸念する声がある。</u>{{要出典}}
 
== 参考文献 ==
* 木クレオソートの止瀉作用についての新しい知見 [http://yakushi.pharm.or.jp/FULL_TEXT/125_12/pdf/937.pdfhttp://yakushi.pharm.or.jp/FULL_TEXT/125_12/pdf/937.pdf]
 
[[Category:医薬品|にちきよくくれおそーと]]
4,133

回編集