「細川清氏」の版間の差分

二木→仁木、脈絡、誤字、年号など
m
(二木→仁木、脈絡、誤字、年号など)
'''細川清氏'''(ほそかわきようじ、? - [[貞治]]元年/[[正平]]17年[[7月24日 (旧暦)|7月24日]]([[1362年]][[8月14日]]))は日本の[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]の武将で、[[室町幕府]]の執事である。父は[[細川和氏]]。兄弟に細川頼和、細川将氏、細川家氏。子は細川正氏。名は元氏で、後に清氏と名乗る。
 
清氏は[[足利氏]]に使える[[細川氏]]の一門で、[[南朝]]との戦いやその最中に発生した足利家の内紛である[[観応の擾乱]]でも初代[[征夷大将軍|将軍]][[足利尊氏]]に従い戦う。[[伊賀国]]、[[若狭国]][[守護]][[評定衆]]、引付頭人を経て2代将軍[[足利義詮]]の時代に執事(後の[[管領]])となり幕政の中枢へ進出する。[[1360年]]([[正平]]15年/[[延文]]5年)[[5月には (旧暦)|5月]]、清氏と[[畠山国清]]が幕政の主導権をめぐって同格の[[木義長]]と争い、義長を排斥して南朝にらせる事件が発生する。これにより清氏は幕政の実権を握ったが、[[1361年]]正平16年/[[康安]]元年)には、義長を排斥して実権を握った清氏は、対立していた[[佐々木道誉]]の讒言により失脚する。
 
窮した清氏は[[若狭国]]へ逃れ、一時は無実を訴えるが、弟の細川頼和とともに[[摂津国]]で[[南朝]]方に属し、[[楠木正儀]]・[[石塔頼房]]らと結んで一時は[[京都]]を攻略する。幕府の反撃に遭い、領国の[[阿波国]]([[徳島県]])へ逃れる途中、義詮の命で清氏追討に向かっていた従弟の[[細川頼之]]と対峙し、[[小豆島]]の佐々木信胤や塩飽諸島の塩飽[[水軍]]などを味方に付け、義詮の命で清氏追討に向かっ戦ういた従弟の[[細川頼之]]と対峙する[[1362年]](正平17年/[[康安]]2年)、清氏は[[讃岐国]]([[香川県]])の白峰城(高屋城とも、現[[香川県]][[綾歌郡]][[宇多津町]]および同県[[坂出市]])で敗死する。
 
== 関連 ==
匿名利用者