「鳥飼大橋」の版間の差分

編集の要約なし
[[画像:Torikaiohhasi-reverse.JPG|thumb|right|鳥飼大橋 下流側から]]
'''鳥飼大橋'''(とりかいおおはし)とは、[[大阪府]][[守口市]]大日町と[[摂津市]]鳥飼西間の[[淀川]]をわたる[[橋]]である。道路橋2本とモノレール橋([[大阪高速鉄道]])、高速道路橋([[近畿自動車道]])があるが、中でも最も西側(下流側)に設けられた橋長550mのゲルバートラス橋は[[1954年]]に竣工したものである。
当初は[[日本道路公団]]が管理する最初の有料橋であった。後に償還前に大阪府によって買い取られ、現在も[[大阪府道2号大阪中央環状線]]の一部(北行き一方通行2車線)として利用されている。
 
近畿道[[摂津南インターチェンジ|摂津南IC]]や[[国道1号]]、さらには[[阪神高速道路12号守口線]]が接続し、大阪府下で'''最大級のボトルネック'''となっており渋滞が頻発している。
 
ただ、大阪府道2号大阪中央環状線の渋滞解消について、[[茨木市]]の[[JR京都線]]高架においても、ほぼ同様に交通集中が発生しており、府民の期待を集める物にはなっていない。
== ゲルバートラス橋 ==
現在、[[大阪府道2号大阪中央環状線]]の一部(北行き一方通行2車線)として利用されているこの橋は、[[1954年]][[11月1日]]に全国初の有料橋として開通した。
 
当初、大阪中央環状線建設の一環として、[[1942年]]に木造の仮橋の建設が着工された。戦時中のため建設資材不足にも見舞われたが、[[1948年]]3月に開通。しかし、木造ゆえに水害などによる破損を繰り返し、また車両の通行による振動も激しく、荷重・速度制限が設定されることになった。
 
永久橋の設置が待ち望まれていたが、[[1952年]]に'''道路特別整備法'''が施行されたのを受け、同年9月に有料橋として起工され、建設期間2年2か月、工費3億3千万円(当時)をかけ、全長540m、全幅7.5m、ゲルバートラス型、8基の橋脚と2基の橋台を擁する立派な橋梁が竣工した。
 
管理は[[日本道路公団]]によってなされ(もちろん同公団にとっても初の有料橋であった)、淀川左岸に料金所が設けられた。後に償還前に大阪府によって買い取られ、無料解放された。
 
 
== 関連項目 ==
匿名利用者