「売掛」の版間の差分

用語説明の追加および誤植を修正
(改編:ツケは買うものの代金を後から支払うことを指し、売掛けは売るものの代金をあとから徴収するものである。よってツケは買掛(金)であり、売掛(金)とは異なるものである。m)
(用語説明の追加および誤植を修正)
'''売掛'''(うりかけきん)とは、代金[[簿記]]・[[会計]]またあとで受[[商業]]にお約束で[[経済用語]]商品を売ること。また、その代金[[資産]]のことを指る[[勘定科目]](んじょり。まだ回収かもく)きていない売掛のことを未収(みしゅう)と呼び、ある
 
==用語解説==
代金はあとで受け取ることを前提に商品を売ることである。「売掛(うりかけ)」または「かけうり」とも。
 
また、代金のことを指して使われることもある。「掛金(かけきん)」とも
 
なお、未回収の売掛金のことを[[未収金]](みしゅうきん)または未収(未収)と呼ぶ。もし、取引先が倒産や営業停止等により、掛け金の徴収が滞るまたは困難になると[[貸倒]](かしだおれ)に変化する。ただし、取引先によっては、倒に備えて、[[引出金]](ひきだしきん)を用意している場合がある。引出金がある場合は、その中から未回収の代金を徴収できる(「[[貸倒引当金]](かしだおれひきだしきん)」)。しかし、全額徴収できなかった場合、残りの貸倒は回収不能となり、[[貸倒償却]](かしだおれしょうきゃく)となるが、別の言い方では[[不良債権]]と呼ばれ、その後は[[負債]]として処理される。
 
====
国の機関に対して、企業が取引する場合は、モノが実際に納品されてからでないと支払いがされないため、売掛となる。企業の経営に悪影響を与えないように「支払遅延防止法」という法律があり、請求書受理後、物品契約の場合は30日以内、工事契約の場合は40日以内に支払いをすることと定められている。
 
==関連項目==
*[[簿記]]
*[[会計]]
*[[資産]]
*[[買掛金]]
*[[引出金]]
*[[貸倒]]
*
*
 
 
{{economy-stub}}
25,366

回編集