「御三家 (学校)」の版間の差分

→‎概観: 他地域への考慮や冗長なところにも手を加えさせてもらいました
(→‎概観: 他地域への考慮や冗長なところにも手を加えさせてもらいました)
 
== 概観 ==
「御三家」という名称は、[[徳川将軍家]]の一族で代々徳川氏を称した[[徳川御三家]]になぞらえたものである。[[1980年代]]以降、[[マスメディア]]が主に加熱する中学受験において「御三家」(男子御三家)という固有名詞を用いるようになってゆくが、中学受験関係者を中心として知られるようになった学校は、[[開成中学校・高等学校|開成]]、[[麻布中学校・高等学校|麻布]]、[[武蔵中学校・高等学校|武蔵]]である。これら3校から派生する形で、[[学校法人雙葉学園|雙葉中学校・高等学校]]、[[女子学院中学校・高等学校|女子学院]]、[[桜蔭中学校・高等学校|桜蔭]]が「女子御三家」と括られてマスメディアに登場した。<!--他にも対象校に変動はあり不確ったが、「新御三家」(主に[[巣鴨中学校・高等学校|巣鴨]]、[[海城中学校・高等学校|海城]]、[[駒場東邦中学校・高等学校|駒場東邦]]-->)も知られている。更には新新御三家という括りも登場した。東京圏以外では、「神奈川御三家」([[栄光学園|栄光学園中学校・高等学校]]、[[聖光学院中学校・高等学校|聖光学院]]、[[浅野中学校・高等学校|浅野]])などもある。現在また、国公立の高校でも御三家依然言えば上記して主に地域男子伝統3や東大合格者数上位を指すことがあるが、近年では各校間進学実績系譜変化がおいてそうした括りはしばしば見られていることもあり、御三家という用語が使われるケースは少なくなっている。また、大学においても一部の受験業界で、明治期からあった[[医科大学]](日本医科大学、東京慈恵会医科大学、慶応義塾大学)などが御三家と呼ばれ、私立医大の中でも難易度が高いとされてきた。</br>現在でも「御三家」と言えば上記の男子校3校を指すことが多いが、近年では各校間の進学実績に変化が見られていることもあり、御三家という用語が使われるケースは少なくなっている
 
== 学校間の共通点 ==
匿名利用者