「可算名詞」の版間の差分

編集の要約なし
({{正確性}})
{{正確性}}
'''可算名詞'''は外国語(主に[[英語]]の[[名詞]]の内,''computer''のような,[[数詞|1つ、2つ]]と数えられる名詞の事を言う。それに対し,''water''のように直接的に数えられぬ(量的な多寡でのみ表現可能な)名詞は'''[[不可算名詞]]'''である。
 
==可算名詞となり得るもの==
*いわゆる"モノ"(物体)
*生物名(''fish''のように端的(集合的・総体的)に表した物など不可算名詞も存在する)
*人種
(stub)
 
通常、辞書を見ると可算名詞には"(C)"、不可算名詞には"(U)"が付けられている。また、集合的・総体的に表す場合など、文脈によっては可算名詞にも不可算名詞にもなる場合もある。
 
ただし、日本語で数詞を付けて1つ、2つと数えられる名詞が、英語では不可算名詞とされているものも多い。一例では野菜の[[アスパラガス]](asparagus)や[[ブロッコリー]](broccoli)が不可算名詞とされ、逆に数としては数えにくい[[光線]](ray)が英語では可算名詞とされているなど、日本語の概念と異なるものも多く、英語を学習する際の大きな壁の一つである。個々の語の可算・不可算については、辞書で確認のこと。
 
 
==可算名詞のルール==
''原則的''に単数形はa,an複数形は(e)sを付ける。複数形は{sheep-sheep=羊}のように単複同形のモノや{woman-women=女}のように変わった活用をするものもある。また,''可算名詞+of+不可算名詞''のかたちで不可算名詞の数量を数える事もある。(例:a cup of coffee=カップ1杯のコーヒー)
 
前述のアスパラガスやブロッコリーを数える場合は、以下のような表現が使われるといわれている。
*a spear of asparagus
*a head of broccoli
 
[[category:英語|かさんめいし]]
{{language-stub|かさんめいし}}