「ピクォート」の版間の差分

編集の要約なし
そして1人のイギリス人入植者が殺害された時に、殺しの犯人は実はピクォート族の者ではなくイギリス人入植者だったのに、ピクォート族に殺されたとして一方的に訴えられた時に、ピクォート族の怒りが頂点に達した。[[1636年]]に入植者側が殺した容疑者を差し渡せと要求したがピクォート族がそれに応じなかったため、翌年の[[1637年]]に入植者達はピクォート族と対立するモヒガン族と[[ナラガンセット族]]の援助を受け、ピクォート族の村を襲い、大勢のピクォート族を殺害し村を崩壊させた。これは'''ピクォートの戦い'''と呼ばれ、600人居たうち、500人のピクォート族が殺された。生き残ったピクォート族の人達は2つのグループに別れて逃げた。[[ロングアイランド]]に逃げた部族の者と、Sassacus酋長によって導かれた者に別れたたが、コネチカットの[[フェアフィールド]]近くで捕まり、殺されたり、または[[ニューイングランド]]や[[西インド諸島]]に[[奴隷]]として売られりされた。Sassacus酋長は逃げれたが[[モホーク族]]に捕えられて殺された。そしてピクォート族の土地は全てモヒガン族に占領された。
 
植民地政府は生き残った少ないピクォート族のメンバーを[[ミスティック川]]沿いに移住させたが、ピクォート族の人口は増えず、20世紀後期には約200人まで減少した。[[1990年]]に679人のピクォート族が居て、現在でも南東部のコネチカット州の2ヶ所に居る。ピクォート族系のマシャンタケット・ピクォート族(Mashantucket Pequot)が[[1992年]]コネチカット州の[[レッドヤード]]市に[[1992年]]Mashantucket Pequotと言う[[カジノ]]フォックスウッズ・カジノを建設し、ギャンブル産業を経営して、かなの利益があり成功している。カジノ産業で得た利益は部族員の医療や教育や博物館などに使われ、ピクォート族の博物館を営んだりしている。
匿名利用者