「Web写真」の版間の差分

編集の要約なし
[[トーマス・ルフ]]の「ヌードシリーズ」のように[[アダルトサイト]]の画像を[[画像処理]]したものなど、元来の撮影行為の意味を越えて、web上の画像を自身の作品として扱う表現手段などもある。
 
一方で[[小林のりお]]は「なぜヤフオク図鑑か」というシリーズで、商品の写真を撮り、その画像を[[ヤフーオークション]]に掲載することで、その場をweb写真展の空間にしてしまった。(→ 『[[なぜ、植物図鑑か]]』)
 
これらの多様性そのものが「'''web写真'''」であると言える。
553

回編集