「MAESTRO」の版間の差分

m
*[[サティ]] - マエストロのファンであった二人の女子高校生との出会いと悲しい想い出。
*[[ドヴォルザーク]] - マエストロの生い立ち(父親役と新入りヴィオラ奏者の二役:[[山本圭壱]])
*[[アントン・ブルックナー|ブルックナー]] - ブルックナーの演奏に必要なのは体力か、精神力か。ホルン奏者([[高杉亘]])とコンサートマスターのせめぎ合い。
*[[リヒャルト・ワーグナー|ワーグナー]] - 自らをワーグナーだと称し暴走するマエストロが、オーケストラ団員からの求心力を失ってしまう。
*[[ドビュッシー]] - マエストロがフランス音楽のエスプリを知るまでの格闘。