「ハルマヘラ島」の版間の差分

歴史追加
(en:Halmahera11:35, 16 December 2006 を参考に新規作成)
 
(歴史追加)
[[Image:ID Halmahera.PNG|thumb|200px|ハルマヘラ島の位置]]
'''ハルマヘラ島'''(<small>[[インドネシア語]]:</small>'''Pulau Halmahera''')は[[インドネシア]]の[[モルッカ諸島]]にある島。'''ジャイロロ島'''('''Jailolo''')、'''ジロロ島'''('''Jilolo'''、'''Gilolo''')ともいう。面積は1517,448km780km&sup2;でモルッカ諸島で最も大きい。人口は162,728人(1995年)。住民の8割は[[ムスリム]]で残りの2割は[[キリスト教徒]]が占める。
 
==歴史==
ハルマヘラ島は山がちのうえ、全島を[[熱帯雨林]]に覆われるため人口が少ない。この地域の中心は、ハルマヘラ島の西海岸沖合いに浮かぶ[[テルナテ島]]、[[ティドレ島]]である。どちらも面積100km&sup2;あまりの小島だが、[[丁子]]の原産地として[[香辛料]]貿易で栄え、ハルマヘラ島を含めたインドネシア東部全域に勢力を広げた。[[16世紀]]初めにポルトガル人がやってきて以来、モルッカ諸島は西洋諸国による支配権争いの舞台となり、最終的に[[オランダ領東インド]]に組み込まれた。インドネシア独立後は[[マルク州]]に含まれていたが、[[1999年]]に成立した[[北マルク州]](<small>インドネシア語:</small>Maluku Utara)の一部になっている。
 
==産業==
 
175

回編集