「養子的キリスト論」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''養子的キリスト論'''(ようしてき- ろん Adoptionism)とは、[[イエス]]はもともと普通の人間であり、神の子となったのは[[ヨルダン川]]で[[ヨハネ (洗礼者)|洗礼者ヨハネ]]から[[洗礼]]を受けた時点であるとする論。養子説ともいう。キリスト教の正統教義(神・イエス・聖霊は[[三位一体]]であるとする)に反し、[[異端]]とされる。
 
modalism([[様態論]](modalism, [[サベリウス主義]]の説)とともにmonarchianism([[モナルキア主義]](単一神論)の1つ。
 
*2世紀のエビオン派
*皮なめしのテオドトス(Theodotus)
:2世紀末にイエスは洗礼のときにキリストになったと主張し、ローマ教会の[[ヴィクトル1世 (ローマ教皇)|ヴィクトル1世]](在位 189年- 199年)に破門された。(養子論的単性論)
<!---
*初期に養子論を唱えた1人はTheodotus of Byzantium(ビザンティウムのテオドトス?)。[[ヴィクトル1世 (ローマ教皇)]](在位 189年- 199年)によって異端と宣言された。--->
 
*8世紀の養子論論争
21,771

回編集