「平野啓一郎」の版間の差分

m
rvvvv
m (rvvvv)
<!--[[画像:平野啓一郎氏Photo-hirob.jpg|thumb|300px|right‎|平野啓一郎 ]]-->
{{文学}}
'''平野啓一郎'''(ひらの けいいちろう、本名同じ。[[1975年]][[6月22日]] - )は、[[日本]]の[[作家]]。
1999年(平成11年)、同作により第120回[[芥川龍之介賞|芥川賞]](当時最年少)受賞。[[京都大学]][[法学部]]卒業。
2003年(平成15年)、この年に[[文化庁]]の[[文化大使]]に任命され、1年間フランスで過ごす。
<!--[[画像:Igahng_27546863_t平野くん.jpg|thumb|250px|raight|keiichiro-hirano]]-->
「本当にサラリーマンにでもなろうかなと思っていた」と語っている。
小説の執筆に伴って、留年もした。
高校生、17歳頃に80枚の処女作を書く。大学時代も2、3小説を書いていたと言う。
 
[[画像:00000000.jpg|thumb|300px|right]]
==作風==
===文体===
*『母と子』――『[[父と子]]』([[ツルゲーネフ]])
*『やがて光源のない澄んだ乱反射の表で……/『TSUNAMI』のための32点の絵のない挿絵』――『[[絵のない絵本]]』([[アンデルセン]])
[[画像:Hirano-keiichiro00001.jpg|thumb|300px|right]]
 
 
<!--
* 「ウェブ人間論」(新潮新書、2006年12月、ISBN:4106101939)[[梅田望夫]]との対談
* 「あなたが、いなかった、あなた」(新潮社、2007年1月刊行予定)
 
[[画像:K-h010.jpg|thumb|300px|right]]
== 外部リンク ==
* [http://www.k-hirano.com/ 平野啓一郎 オフィシャルサイト]