「鰻池」の版間の差分

地形についての補足とリンク追加
(うなぎの養殖)
(地形についての補足とリンク追加)
約5500年前、池田湖の形成とほぼ同時期に[[マグマ]][[水蒸気爆発]]で形成された火口に水がたまってできた。爆発の噴出物は主として池の南東部に分布している。池田湖や山川港などとともにランクCの[[活火山]]に指定されている。
 
周囲を高低差数10から200mの崖で囲まれており鍋底状の地形になっており、流入す大きな川も流出する川もない。池畔に[[硫化水素]]泉の'''鰻温泉''']]があり、高温の水蒸気が噴出する場所もある。この蒸気を利用した「スメ」と呼ばれる蒸し器が炊事に利用されている。
 
1912年([[明治]]45年)頃から[[ウナギ]]の養殖が行われていたが、水質悪化や後継者不足などの問題によって1996年([[平成]]8年)に終了している。
2,885

回編集