「韻母」の版間の差分

定義の修正、例外の提示、時代の修正、内破音の明示など
(定義の修正、例外の提示、時代の修正、内破音の明示など)
'''韻母'''(いんぼ)とは、[[中国語]]の漢字[[節]]の構成要素の一つ。1[[音節]]内[[声母]](頭子音)の後に続き[[声調]]を除いた[[母音]]を中心とした部分をいう(声調も韻母に含める場合がある)。音の分節は'''介音'''([[半母音]])・'''主母音'''・'''尾音'''(鼻音か二重母音を構成する補助的な母音)で構成される。また部位を表す用語として、介音を'''韻頭'''、主母音を'''韻腹'''、尾音を'''韻尾'''と呼ぶ
 
また、韻母は、'''介音'''([[半母音]])・'''主母音'''・'''尾音'''(鼻音か二重母音を構成する補助的な母音)で構成される。韻母の中における部位を表す用語としては、介音を'''韻頭'''、主母音を'''韻腹'''、尾音を'''韻尾'''と呼ぶ。
 
== 特徴 ==
例として、「東」字の発音は現代中国語北京語では <font lang="zh">dōng (dong1)</font> と表記されるが、このうち d は声母、-ong(1) が韻母、¯ が声調である。この場合、介音はゼロで、-o-が主母音、-ngが尾音である。なおこの韻母は[[注音符号|注音字母]]にしたがって分けると、介音 -u- と、韻腹と韻尾 -eng からなる。
 
また、「光」字の発音の例では、現代中国語(北京語)では <font lang="zh">guāng</font> と表記されるが、音節の構成部分に分けると以下のようになる。
 
{| border="1" cellpadding="0" cellspacing="0" style="background:#efefef;text-align:center"
|1
|}
 
伝統的な音韻学では韻母を[[四呼]]によって4つに分類する。
これらの構成は、[[r化]]しない音節では、[[普通話]]・[[方言]]を問わず共通している。r化した音節では上記から外れている音節の例がみられる。
 
また、伝統的な音韻学では韻母を、[[開口呼]]・[[斉歯呼]]・[[合口呼]]・[[撮口呼]]の
伝統的な音韻学では韻母を[[四呼]]によって4つに分類する。
 
== 現代中国語の韻母 ==
 
現代中国語([[普通話]])では39の韻母が設定されている。(r化を除き)
{| class="wikitable"
|-
|}
 
==古代中世中国語==
「[[韻書]]」で使われる韻字には平・上・去・入の[[声調]]の違いによって異なる字が使われた。語尾子音のうち[p][t内破音][k]の{{IPA| p&#794;}}、{{IPA| t&#794;}}、{{IPA| k&#794;}}は尾音[m][n][&#331;]の[[入声]]とされ、[m]と[{{IPA| p]&#794;}}、[n]と[{{IPA| t]&#794;}}、[&#331;]と[{{IPA| k]&#794;}}はそれぞれ同じ尾音と考えられている。
 
なお[[韻]]と韻母は正確には同じではなく、韻とは韻母のうち主母音と尾音、それに声調を加えたものである。このため、[[漢詩]]で[[押韻]]する場合、韻母をそろえることが必要であるが、介音は必ずしも一致する必要は無く、主母音と韻尾、声調が一致していなければならない。
 
[[六朝]]から[[唐]]代の中国語についてまとめた[[広韻]]』では206韻が設けられ、その内訳は、上平声28韻、下平声29韻(平声を表す字が多いので上下2巻に分けられた)、上声55韻、去声60韻、入声34韻であった。その後、漢詩の押韻の規範となる「[[平水韻]]」では、これを106韻に整理し、上平声15韻、下平声15韻、上声29韻、去声30韻、入声17韻の韻目が建てられた。
 
==近世中国語==
[[元代]]に[[北曲]]をもとに作られた『[[中原音韻]]』では[[入声]]が消滅しており、また平・上・去声の区別なく韻目が建てられ、19韻にまとめられた。
[[元代]]に[[北曲]]をもとに作られた『[[中原音韻]]』では、中原地方における中国語では[[入声]]が消滅したことを反映して、入声が平声・上声・去声のどれに変わったかを示している。また、韻目を19韻にまとめて、同韻の字を集めた上で、それぞれがどういう声調であるかを示している。
 
== 関連項目 ==