「2乗3乗の法則」の版間の差分

m
スタブにもっていってみる努力
(新しいページ: '二乗三乗の法則 ---- 生物学 生物の体積が二倍になった場合、筋力の最大値は二乗倍だが体重は三乗倍されるという法...')
 
m (スタブにもっていってみる努力)
'''2乗3乗の法則'''(2じょう3じょうのほうそく)とは、[[工学]]や[[生物学]]などにおいて言及される[[法則]]。[[相似]]な形状をした2つの物体について、代表長さの2乗に比例する[[面積]]に関する[[物理量]]と、3乗に比例する[[体積]]に関する量とを比較し、このときそれぞれの量の変化の割合も、おおむね2乗と3乗の[[オーダー]]となることを法則と呼んでいる。比較対象となる物理量は、分野や文脈によって異なる。'''2乗3乗法則'''、'''2乗3乗則'''とも呼ばれる。[[漢数字]]で「二乗三乗」と書かれることもある。
二乗三乗の法則
 
==使用例==
たとえば、[[生物学]]において、[[バイオメカニクス]]の観点から、[[断面積]]に比例する(最大)[[筋力]]と、体積に比例する[[質量]](地上では[[重量]]・[[重力]])とが比較されることがある。これは[[恐竜]]や[[ゾウ]]といった大型動物の[[脚]]などについて適用され、大きさの限界について論じられるなどする。
<!--小さな生物ほど機敏で自分の体の何倍ものジャンプが出来たりするのに対し大きくなるほど動きが遅くなるのはこのせいことによる-->
<!--[[ロボット工学]]でも?-->
 
[[航空工学]]や[[船舶工学]]等においては、表面積に比例する[[抗力]]や[[揚力]]と、[[容積]]に比例する搭載量あるいは質量(重量・重力)などとが比較される。<!-- ←ひどく曖昧な表現だけど、実際、人によって言うこと違ってない?-->
----
生物学
 
このほか[[熱]]<!--・物質-->[[輸送]]論の観点から言及されることもある。たとえば[[伝熱]]問題を考えて、表面積に比例する放熱ないし吸熱量と、体積に比例する発熱量や質量(重量)とが比較される。
生物の体積が二倍になった場合、筋力の最大値は二乗倍だが体重は三乗倍されるという法則。
<!--たぶん物質輸送も同じだと思うんですが化学苦手だし自信ないので……。運動量輸送は抗力とか揚力という形になるのかな-->
 
<!--まだあるかな?-->
小さな生物ほど機敏で自分の体の何倍ものジャンプが出来たりするのに対し大きくなるほど動きが遅くなるのはこのせい。
 
==より詳しく知りたい方は==
*Stephen A. Wainwright, ''Axis and Circumference: The Cylindrical Shape of Plants and Animals'', Harvard Univ Press,
**(Hardcover) 1988, ISBN 0-674-05700-7.
**(Paperback) 1999, ISBN 1-58348-221-0.
**(日本語訳)『生物の形とバイオメカニクス』[[本川達雄]] 訳、東海大学出版会、1989年、ISBN 4486010760。
 
==関連項目==
*[[次元解析]] - [[無次元数]]
*[[筋肉]] - [[構造力学]]
*[[流体力学]]
*[[伝熱工学]]
 
[[Category:法則|2しよう3しようのほうそく]]
{{biosci-stub}}
{{tech-stub}}
1,106

回編集