「2乗3乗の法則」の版間の差分

m
→‎使用例: もうちょい追加
m (すこしピントを外してたのでfurther readings除去。無次元数にも注意、とか言ってみる)
m (→‎使用例: もうちょい追加)
[[熱]]<!--・物質-->[[輸送]]論の観点から言及されることもある。たとえば[[伝熱]]問題を考えて、表面積に比例する放熱ないし吸熱量と、体積に比例する発熱量や質量(重量)とが比較される。
<!--たぶん物質輸送も同じだと思うんですが化学苦手だし自信ないので……。運動量輸送は抗力とか揚力という形になるのかな-->
 
<!--まだあるかな?-->
<!-- == いいセクション名を思いつかない== -->
この法則では物体の形状の違いについては論じていない。より詳しい議論の際には、たとえば[[断面二次モーメント]]や[[慣性モーメント]]なども考慮する必要が生じうる。
 
この法則また一般加え、スケールの異なる物体や[[系]](システム)を比較する際には、[[無次元数]](無次元量)についての整合考慮を要す求められる場合がある。たとえば、[[レイノルズ数]]は代表長さによって値が変わり、これも抗力や揚力に影響す可能性がある<!--具体的には、D(L) = 0.5 V^2 S C_{D(L)} の S が変わるのがこの法則、C_{D(L)} が変わる(かもしれない)のがレイノルズ数、という感じか-->
 
==関連項目==
1,106

回編集