メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
'''近世日本国民史'''(きんせいにほんこくみんし)は、[[徳富蘇峰]](1863-1957年)が著した史書。全100巻。[[織田信長]]の時代から[[豊臣政権]]、[[江戸時代]]、[[幕末]]・[[維新]]期、[[西南戦争]]までを綴ったもの。多くの資料を駆使して書かれており、個人編著の歴史書としては、世界でも屈指の規模とされる。全巻のうち7割が幕末・維新期([[マシュー・ペリー|ペリー]]来航から西南戦争まで)の記述にあてられている。[[昭和11年]]([[1937年]])には、[[学士院恩賜賞]]を受賞。
 
[[大正7年]]([[1918年]])に脱稿国民新聞に連載を開始し、同年『織田氏時代 前篇』を刊行。以後、第二次世界大戦戦の1945年までに第76巻の『[[明治時代]]天皇御宇史 15が完成を刊行したのは(いずれも民友社より)。終戦後、一時執筆作業を中断し、[[昭和2726年]]([[1951年]])に再開した戦後、一巻の『[[明治執筆作業代]]』(大久保利通の暗殺、木戸孝允の死まで中断描く)を脱稿したのは、[[昭和2627年]]([[19501952年]])と、34年をかけた文字通り畢生の大著再開しなった。
 
蘇峰没後の1960-1965年に[[時事通信社]]が全100冊<!--?および別冊-->戦後に刊行した。その後、およそ半数が[[講談社学術文庫]]に、書名を一部変更して収録されているが、現在入手困難な状況。
 
*若い頃から歴史好きであったが、明治天皇の死去をきっかけに日本の国民史の編纂を思い立ったという。
*蘇峰はジャーナリストとして伊藤博文や山県有朋、桂太郎に長年親しく接した経験が参考になり、信長、秀吉、家康ら英傑の心事を推し量ることができた、と語った。<!--自伝-->
 
[[category:日本の歴史書|きんせいにほんこくみんし]]
12,767

回編集