「法定代理人」の版間の差分

編集の要約なし
m (interwiki)
編集の要約なし
'''法定代理人'''(ほうていだいりにん)とは、[[代理人]]の一種で[[法律]]により[[代理]]権を有することを定められた者のことである。
 
本人が単独では有効な[[法律行為]]を行えない[[制限行為能力者]]の場合に、[[代理人]]により法律行為を行うという、[[私的自治の原則|私的自治]]の補充という趣旨を有する。本人が代理権を与えることなく、法律により代理権が与えられる点が、[[任意代理人]]と異なる。
法定代理人には、[[成年後見人]]、[[未成年後見人]]、[[親権を行う者]]などがある。
 
== 具体例 ==
法定代理人には、以下のものがある。
*[[親権者]]([[親権を行う者]]) - 本人が[[未成年者]]の場合
*[[未成年後見人]] - 本人が未成年者で、親権者となるべき者がいない場合
*[[成年後見人]] - 本人が[[成年後見]]開始の[[審判]]を受けた場合(成年被後見人)
*[[保佐人]] - 本人が[[保佐]]開始の審判を受け(被保佐人)、かつ保佐人に代理権が付与された場合
*[[補助人]] - 本人が[[補助]]開始の審判を受け(被補助人)、かつ補助人に代理権が付与された場合
 
==関連項目==
*[[代理]]
 
{{字引}}
[[Category:民法|ほうていたいりにん]]
 
5,172

回編集