「勤労学生」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: ''''勤労学生'''(きんろうがくせい)とは、一般の学生とは異なり有職者でありながら大学短期大学などの[[高等教育...')
 
'''勤労学生'''(きんろうがくせい)とは、一般の学生とは異なり有職者でありながら[[大学]]や[[短期大学]]などの[[高等教育]]機関で[[学問]]にいそしむ[[学生]]のことである。いわゆる社会人学生とも言われる。日本では従来から、大学や短大の夜間部いわゆる2部にそういった学生が多く存在していたが、昼間二交代制という3部課程の誕生により勤労学生も増えてきた。近年ではそれらの課程の減少により通学課程での勤労学生は少なくなりつつあるが、[[大学通信教育]]の発達により勤労学生は多いのも現状である。なお、一般に勤労学生とは[[企業]]や事業所などの正社員または正職員が一般的だといわれるが、正式雇用でないいわゆる[[パート]]職員などを勤労学生と呼ばれるかどうか微妙なところである。通学課程の学生の場合は一般の学生と同様通学定期や学割を購入することができるが、通信教育部の学生についてはスクーリングや単位修得試験など以外ではそれらの購入ができないことになっている。
 
== 関連項目 ==
*2部
*3部
*[[社会人入試]]
 
[[Category:教育制度在学生|きんろうかくせい]]
[[Category:学校教育|きんろうかくせい]]
1,908

回編集