「ウィリアム・ボーモル」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''ウィリアム・ボーモル'''('''William Baumol'''、[[1922年]][[2月26日]] - )は、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[経済学者]]である。[[ニューヨーク市|ニューヨーク]]に生まれ、[[ニューヨーク市立大学]]で学び、[[ロンドン大学]]より[[博士号]]を取得した。[[ミクロ経済学]]から[[マクロ経済学]]まで、活躍の範囲は広い。
 
ボーモルは、通常の企業が標準的なミクロ経済理論どおりに行動していないという現実の観察から、企業行動の原理として利潤最大化に代わる[[売上高極大仮説]]を提唱した。また、[[経営学]]と[[経済学]]とを結びつけることにも力を入れ、[[1961年]]に出版した著書『''Economics Theory and Operations Analysis''』は版を重ねロング・セラーとなった。他にも多くの教科書を執筆した。さらに、[[ジョン・メイナード・ケインズ|ケインズ]]の[[流動性選好説]]において、取引需要が利子弾力的になることを在庫利用を応用して説明した。不均衡成長についても業績を挙げている。1966年に出したウィリアム・ボーエンとの共著『実演芸術:芸術と経済のジレンマ』によって、[[文化経済学]]の礎を築いた
 
[[1982年]]にはニューヨーク市立大学の同僚らと[[コンテスタビリティ理論]]を提唱し、[[1980年代]]以後の[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の航空輸送産業やトラック輸送産業における[[規制緩和]]の流れを作り出した。
 
[[Category:アメリカ合衆国の経済学者|ほもるういりあむ]]
[[Category:文化経済学|ほもるういりあむ]]
 
[[en:William_Baumol]]
425

回編集