「都家歌六」の版間の差分

*[[1951年]](昭和26)3月 [[桂三木助 (3代目)|3代目桂三木助]]に入門。芸名:桂三多吉
*[[1954年]](昭和29)10月 二つ目。芸名:桂木多蔵。
*[[1956年]](昭和31)5月 [[三遊亭圓遊 (4代目)|4代目[[三遊亭圓遊]]門下に移り、芸名:三遊亭万遊と改名。
*[[1963年]](昭和38)たまたま見ていたテレビに登場した日本におけるのこぎり音楽の[[パイオニア]]、 高島巌氏(児童福祉施設園長)ののこぎり演奏に感銘を受け、師事。 寄席において落語の後での余興としてのこぎり演奏を始める。
*[[1969年]](昭和44)11月 [[真打]]昇進、八代目都家歌六を襲名。
*[[1982年]](昭和57)6月"のこぎり漫談"を[[寄席]]の芸として確立、余興から本業となる。
 
 
==関連項目==
8,064

回編集