メインメニューを開く

特種東海製紙株式会社(とくしゅとうかいせいし、: Tokushu Tokai Paper Co., Ltd.)は、製紙業界大手の東海パルプ株式会社と特殊紙(偽造防止用紙、情報用紙、ファンシーペーパー)大手の特種製紙株式会社の経営統合により発足した持株会社である。東京都中央区八重洲に東京本社を、静岡県島田市に本店を置く。2015年3月末での売上高(連結)は製紙業界11位。

特種東海製紙株式会社
Tokushu Tokai Paper Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3708
2007年4月2日上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-0028
東京都中央区八重洲2丁目4-1
本店所在地 静岡県島田市向島町4379番地
設立 2007年平成19年)4月2日
業種 パルプ・紙
法人番号 3080001014336
事業内容 紙パルプの製造・加工・販売およびグループ会社の経営管理
代表者 代表取締役社長 松田裕司
資本金 114億85百万円
発行済株式総数 1億6329万7510株
売上高 連結 788億43百万円
単独 617億66百万円
(2015年3月期)
純資産 連結 638億97百万円
単独 570億16百万円
(2015年3月31日現在)
総資産 連結 1,268億61百万円
単独 1,092億61百万円
(2015年3月31日現在)
従業員数 連結 1,506人、単独 816人
(2015年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 三菱商事(株) 8.45%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株) 4.12%
(株)静岡銀行 3.53%
(2015年3月31日現在)
外部リンク www.tt-paper.co.jp
テンプレートを表示

2010年平成22年)4月1日、東海パルプおよび特種製紙を吸収合併し事業持株会社に転換、通称を「特種東海製紙」に変更。7月に「特種東海ホールディングス株式会社」から「特種東海製紙株式会社」に商号変更した。

東海パルプ時代より静岡県の最北端・大井川の最上流部(間ノ岳を北端に笊ヶ岳聖岳を南端とした地域)に、1団地としては日本最大の社有林(井川社有林)を持つ。

沿革編集

  • 2007年平成19年)4月2日 - 東海パルプと特種製紙の株式移転により特種東海ホールディングス株式会社設立。
  • 2007年(平成19年)6月19日 - 王子製紙株式会社と、特殊紙事業での戦略的な資本・業務提携を結んだと発表。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 連結子会社である東海パルプおよび特種製紙を吸収合併、通称を特種東海製紙に変更。
  • 2010年(平成22年)7月 - 商号を特種東海製紙株式会社に変更。
  • 2016年(平成28年)10月1日 - 段ボール原紙及び重袋用・一般両更クラフト紙事業について、日本製紙株式会社と事業提携。特種東海製紙の島田工場を合弁会社である新東海製紙株式会社(特種東海製紙の子会社)に移管。両社の販売機能を合弁会社である日本東海インダストリアルペーパーサプライ株式会社(日本製紙の子会社)に移管[1][2][3][4]

関係会社編集

  • 株式会社特種東海フォレスト
  • 特種東海マテリアルズ株式会社
  • 株式会社テクノサポート
  • 株式会社レックス
  • 静岡ロジスティクス株式会社 - 旧・特種ロジスティクス。
  • 特種メーテル株式会社
  • 株式会社TTトレーディング
  • 特種東海エコロジー株式会社
  • 株式会社トライフ
  • 新東海製紙株式会社

自家発電編集

 
赤松発電所

脚注・出典編集

外部リンク編集