犬姫様』(いぬひめさま)は陣出達朗の小説。またそれを原作とする1952年2月15日に公開された新東宝製作の映画。

あらすじ編集

飢饉にあえぐ天明のころ、江戸の裏長屋に「犬姫様」と言われるほど犬好きな娘・お美弥がいて、父・海の弥太郎と共に住んでいた。そのお美弥の婚礼の夜、父が殺され、秘蔵の皿「残月丸」とともに花婿まで消えてしまった。花婿の清二郎こと峠文之丞は犯人と思われてしまう。

残月丸は瀬木一味によって老中・田沼憲次に献上される。残月丸はもともと満月丸という皿と夫婦皿で、元アイヌの首領一家に伝わる家宝だった。

映画編集

犬姫様
監督 中川信夫
脚本 友田昌二郎
池上金男
原作 陣出達朗
製作 伊藤基彦
出演者 花柳小菊
水島道太郎
戸上城太郎
音楽 服部正
撮影 安本淳
編集 笠間秀敏
製作会社 新東宝
公開   1952年2月15日
上映時間 72分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

スタッフ編集

キャスト編集

参考文献編集

  • 『地獄でヨーイ・ハイ!中川信夫 怪談・恐怖映画の業華』ワイズ出版、2000年。ISBN 4898300332