メインメニューを開く
犬飼哲夫

犬飼 哲夫(いぬかい てつお、1897年10月31日 - 1989年7月31日)は、日本動物学者。著書、研究論文等の名義はいずれも「犬飼哲夫」であるが、中学校卒業証書から学位記までの公文書では「犬飼哲男」と記載されている[1]

人物編集

1897年長野県に生まれる[1]北海道帝国大学農学部生物学科動物学分科に入学し、ヤツメウナギを研究対象とした発生学者の八田三郎(当初札幌農学校東北帝国大学農科大学(北海道帝国大学農学部の前身)教授、北海道帝国大学農学部教授)の直系の弟子として、1920年代には発生生物学者であった[2]。1930年頃に眼を痛め、これ以降は哺乳類を中心とした脊椎動物の応用動物学的な研究をおこなうようになる[2]。1929年に北大に理学部が新設され、犬飼は農学部と理学部の教授を兼任するようになる[2]。1945年以降は、農学部において野鼡(ノネズミ)等の有害哺乳類の応用動物学的なテーマを与え、理学部においては純粋発生学のテーマをあたえることが容易になったという[2]。応用動物学的な方面では、鳥類(カラス[3])・哺乳類(ヒグマネズミ野兎)等の報告も多いが[4]、1930年代から1940年代において礼文島利尻島へのニホンイタチを放獣してノネズミの天敵としようとした[2]。また、1931年と1932年には北海道サハリンにおけるナキウサギの分布や生態についての報告をおこなっている[2]。1961年に北海道大学を定年退職したが、1989年7月31日に91歳で逝去するまでに野兎研究会初代会長[5]などをつとめた。また、南極地域観測隊樺太犬タロやジロなど)飼育など[6]でも著名である。北海道大学農学部兼理学部教授、函館水産学校校長、日本学術会議南極特別委員会委員[1]

略歴編集

著書編集

論文編集

関連人物編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 谷本晃久 & 山本英二 2006
  2. ^ a b c d e f g h i j k 朝比奈英三 (1982-7-25). 北大農学部の動物学と北海道. 北海道大学. 865-880. [1]
  3. ^ 犬飼ほか 1952
  4. ^ 犬飼 哲夫,森 楔須 (1953-04-02). “63. 北海道の造林地に於ける野兎の防除の研究(昭和28年日本農學會大會分科會)”. 應用動物學會・日本應用昆蟲學會合同大會講演要旨 : 日本農學會大會分科會 (日本応用動物昆虫学会): 13. NAID 110004558086. 
  5. ^ 上田 2000
  6. ^ 犬飼哲夫,加納一郎 (1959). からふといぬ : 南極へいったソリ犬たち. 日本評論新社. NCID BA39510042. 
  7. ^ a b c 太田嘉四夫 (1969). “犬飼哲夫・木下栄次郎・井上元則・相沢保及び太田嘉四夫の哺乳類研究について”. 哺乳類科学 (日本哺乳類学会) 9 (1): 7-20. doi:10.11238/mammalianscience.9.1_7. ISSN 1881-526X. 
  8. ^ 国立国会図書館・国立情報学研究所博士論文書誌データベース 犬飼哲男”. 2005年5月16日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集