犬飼 裕一(いぬかい ゆういち、1968年[1] - )は、日本の社会学者歴史社会学者日本大学教授。元北海学園大学教授。愛知県北名古屋市出身。マックス・ウェーバーゲオルク・ジンメル和辻哲郎の研究に出発し、歴史社会学社会学理論日本人論日本文化論に研究領域を拡大する[1]自己言及性をキーワードにデカルトカント以来の哲学や社会思想、そして社会学理論の問題点を突いた著書『方法論的個人主義の行方』を刊行。近年は「社会」をめぐる語りの問題に注目して、社会修辞学の構想に注力している。

また哲学者カール・ポパーの三世界論から着想を得て「世界3としての社会」という問題に取り組んでいる。特に、人工知能(AI)が社会に与える影響についてこの視角からアプローチすることを続けている。

学歴編集

職歴編集

  • 1997年 中京大学教養部非常勤講師
  • 2003年 北海学園大学経済学部助教授
  • 2007年 北海学園大学経済学部准教授
  • 2009年 北海学園大学経済学部教授
  • 2017年 日本大学文理学部社会学科教授

受賞歴編集

著書編集

  • 『ゲオルク・ジンメルと社会学』(共著、世界思想社、2001年)ISBN 4790708799
  • 『マックス・ウェーバーにおける歴史科学の展開』(ミネルヴァ書房、2007年)ISBN 4623048918
  • 『マックス・ウェーバー: 普遍史と歴史社会学』(梓出版社、2009年)ISBN 4872622251
  • 『方法論的個人主義の行方: 自己言及社会』(勁草書房、2011年)ISBN 4326653574
  • 『和辻哲郎の社会学』(八千代出版、2016年)ISBN 4842916672
  • 『歴史にこだわる社会学』(八千代出版、2018年)ISBN 4842917334
  • 『世間体国家・日本~その構造と呪縛』(光文社新書、2021年)ISBN 9784334045579

論文編集

脚注編集

  1. ^ a b c 犬飼裕一”. www.keisoshobo.co.jp. 勁草書房. 2022年8月20日閲覧。
  2. ^ 「マックス・ウェーバーにおける歴史科学の展開」 博士論文 甲第1325号, 1999年 早稲田大学, NAID 500000173604

外部リンク編集