哲学において状況(じょうきょう、State of affairs, (ドイツ語: Sachverhalt)[1])とは、ある時間においてある個体に何らかの効果を与える環境的な条件のことである[2]

広義には環境的な条件に加え個体の内的条件を含むこともあるが狭義に環境ないしはと同義とされる。なお、後者を指す場合は事態とも言う[3]

サルトルと状況編集

サルトル状況世界存在充実の中においての自由偶然性と定義し重要な概念の一つに挙げ、即自偶然性対自自由性の二つが組み合わさって成立する主観的でも客観的でもない現象とした。

脚注編集

  1. ^ Padilla Gálvez, Jesús (2021). State of Affairs. Reconstructing the Controversy over Sachverhalt. Philosophia Verlag. https://www.philosophiaverlag.com/shop?store-page=State-of-Affairs-Hardcover-p446462221 
  2. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「Textor」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  3. ^ David Armstrong, A World of States of Affairs, Cambridge University Press, 1997, p. 1.

参考資料編集