メインメニューを開く

狙撃 THE SHOOTIST』(そげき ザ・シューティスト)は、1989年8月に東映Vシネマとして発売されたビデオ映画である。

群馬県警巡査という経歴を持ち、裏社会で殺しを生業とする狙撃手・松下晃二(仲村トオル)の暗躍を描いたハードボイルド作品。後にシリーズ化され、1994年までに全4作品が製作された。第1作は1968年に公開された加山雄三主演の東宝映画『狙撃』を下敷としており、同作の脚本を手掛けた永原秀一が原案としてクレジットされている。

キャスト編集

スタッフ編集