メインメニューを開く

狩野 養信(かのう おさのぶ、寛政8年7月26日1796年8月18日) - 弘化3年5月19日1846年6月12日))は、近世日本に生きた画家の一人。江戸時代後期の木挽町家狩野派9代目の絵師である。文化10年(1813年)まで、その名「養信」は「たけのぶ」と読む。通称、庄三郎(しょうざぶろう)。父は狩野栄信、子に狩野雅信、弟に『古画備考』を著した朝岡興禎、浜町狩野家の狩野董川中信、中橋狩野家の狩野永悳立信らがいる。晴川院会心斎玉川。多作で狩野派最後の名手と言われる。

略歴編集

 
「Three Cranes Flying in a Misty Landscape」 ウォルターズ美術館

伊川院栄信の長男として江戸で生まれる。母は稲葉丹後守家来、松尾多宮直常の娘。15歳で初めて江戸城に出仕し、しばしば父親から観能会などの公務を押しつけられたようである。出仕する前日から、没する前日までの36年間にもわたる『公用日記』(52冊は東京国立博物館蔵、4冊は諸家分蔵)は奥絵師の日常や仕事の詳細を伝えるものとして貴重である。

もともと、彼の名「養信」の読みは「たけのぶ」であったが、文化10年(1813年)、将軍・徳川家慶に長男・竹千代が生まれると、「たけ」の音が同じでは失礼であるとして「おさのぶ」に読み改めた。さらに、この竹千代が翌年亡くなり、玉樹院と呼ばれたため、それまでの号・玉川を音通を避けて「晴川」とした。

文政2年(1819年)に法眼になり、文政11年(1828年)には父の死を受けて家督を相続し、天保5年(1834年)、法印に叙せられた。天保9年から10年(1838年から1839年)には江戸城西の丸御殿、天保15年から弘化3年(1844年から1846年)には本丸御殿の障壁画再建の総指揮を執った。養信がその後亡くなったのは、生来病弱な上に、相次ぐ激務による疲れであったと推測されている。

なお、弟子に明治期の日本画家である狩野芳崖橋本雅邦がいる。橋本雅邦は、その父・橋本養邦が狩野養信の高弟であったのに加え、雅邦自身、木挽町狩野家の邸内で生を受けている。幼少期は父から狩野派を学んで育ち、わずかに最後の一ヶ月のみながら最晩年の養信に師事してもいる。芳崖と雅邦は同日の入門であり、実質の師匠は養信の子・雅信であったと考えられている。他の弟子に、阿波藩御用絵師の中山養福、松代藩絵師の三村晴山弘前藩の御用絵師の新井晴峰、糺晴岱、狩野養長、岩崎信盈、林伊教など。

昭和61年(1986年)春、東京国立博物館が、明治時代から所蔵されてはいたが殆ど調査されていなかった、264巻にも及ぶ江戸城本丸御殿障壁画の下絵を研究するプロジェクトを立ち上げた。このプロジェクトは館外の研究者も参加する大規模なもので、養信の「公用日記」の重要性が改めて確認されると共に、養信の画業が見直される契機となった。この時の成果は、『江戸城障壁画の下絵』[1]にまとめられている。

模写にかける情熱編集

 
狩野養信・狩野雅信 模写 『七十一番職人歌合』二十四番、僧形の「一服一銭(室町時代の茶屋)」が抹茶を勧めている。東京国立博物館本三巻の内、中巻(部分)。養信最晩年の弘化3年(1846年)作。息子雅信と共署名。

養信は模写に尋常ならざる情熱を注いだ。東京国立博物館にあるものだけでも、絵巻150巻、名画500点以上にも及ぶ。原本から直接写したものは非常に丁寧で、殆ど省略がなく、詞書の書風や絵具の剥落、虫損まで忠実に写し取っている。模本からの又写しは色も簡略で、詞書も省略したものが多い。また、既に模本から模写済みの作品でも、原本やより良い模本に巡り会えば再度写し直しおり、少しでも原本に近い模本を作ろうとした姿勢が窺える。関心も多岐にわたり、高野山学侶宝蔵の調度、舞楽面、装束を写した6巻や、掛け軸の表装の紙や裂まで描いてあるものもあり、養信の旺盛な学習意欲が窺われる。

150巻という数字に表れているように、特に古絵巻の模写に心血を注ぎ、多くの逸話が残る。徳川将軍家からはもちろん、『集古十種』などの編纂で模本を多く所蔵していた松平定信の白河文庫、狩野宗家中橋家の狩野祐清邦信や住吉家の住吉弘定らを始めとする諸家から原本や模本を借りては写した。京都の寺の出開帳があれば写しに出向き、さらに公務で江戸を離れられない自分の代わりに、京都・奈良に弟子を派遣して写させた。他にも、当時まだ若年だった冷泉為恭に「年中行事絵巻」の模写を依頼している。ついにはどこの寺からでも宝物を取り寄せられるように、寺社奉行から許可まで取り付けた。その情熱は、死の12日前まで当時細川家にあった蒙古襲来絵詞を写していたほどで、生涯衰えることはなかった。最も早い時期の模写は数え年11歳の時であり、父である栄信の指導、発想があったのではと疑われる。江戸中期以降、画譜や粉本が出版され、狩野派が独占していた図様・描法・彩色などの絵画技法や方法論が外部に漏れていった。養信が模写に懸命になったのは、こうした動きに対抗し、質の高い粉本を手に入れ狩野派を守ろうとしたためであろう。

そうした模写の中には、江戸城西の丸御殿や本丸御殿の障壁画など、現存しない物や原本の所在が不明な物も含まれており、研究者にとっては貴重な資料である。狩野典信以来、木挽町家に引き継がれてきた古画の学習を、養信は一段と推し進め、大和絵を完全に自らの画風に採り入れた。これは、江戸狩野派の祖・狩野探幽が目指し、狩野元信以来狩野派の課題であった漢画と大和絵の対立を昇華した養信の重要な業績である。しかし、養信はこうした熱心な模写によって身につけた技術や創意を、存分に発揮する場を十分に与えられていたとは言い難い。現実の制作は、「探幽安信筆意通」や「伊川院通」といった命令が下り、先例や将軍の「御好み」が優先され、狩野派の筆頭格である養信は、これらに逆らうことは出来なかった。養信の公用を離れた古絵巻の模写は、大きな楽しみだった反面、一種の逃避とも取れる[2]

平成15年(2003年)、養信の墓が移転される際、遺骨が掘り出されて頭部が復元された。その面長で端整な顔立ちは、几帳面で消化器系が弱かったという養信の人物像を彷彿とさせる。この復元模型は、池上本門寺で保管されている。

作品群編集

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 款記・印章 備考
群鹿群鶴図屏風(右隻左隻 絹本著色 六曲一双 140.7x276.0(各) 板橋区立美術館 1820年(文政3年) 款記「皇邦画院法眼晴川養信重模」/朱文印・白文方印 沈南蘋作「群鹿群鶴図屏風」(東京国立博物館蔵)の模写で、水戸徳川家の依頼による(『公用日記』文政三年十月二十三日条)。非常に忠実な模写だが、原作の中国画風を緩和し、あっさりとしたより日本風な画面に仕上げている。
源氏物語図屏風(若菜・紅葉賀) 紙本金地著色 八曲一双 法然寺香川 1826年(文政9年) 重要文化財徳川家斉の十七女・文姫が、讃岐高松藩松平頼胤に嫁す際の引き移り御用として描かれた作品。
四季耕作図屏風 六曲一双 サントリー美術館 元は裏面に「波濤図」が描かれていたが、現在は別の屏風に改装されている。これも将軍家斉の第十九女・盛姫が、佐賀藩鍋島直正に嫁ぐ際の婚礼調度の一つとして制作された。
四季花鳥図屏風 紙本金地著色 六曲一双 138x308(各) 円浄寺(福知山市 1827年(文政10年) 各隻に款記「晴川法眼養信筆」 福知山市指定文化財[3]。本作も将軍家斉の第二十一女・溶姫が加賀藩主・前田斉泰に嫁ぐ際の婚礼調度品。
源氏物語(紅葉賀)浜松図両面屏風 紙本金地著色 六曲一双 林原美術館 1832年(天保3年)
松平定信 絹本著色 1幅 185.3x100.2 福島県立博物館 1834年(天保5年)以降 福島県指定重要文化財
源氏物語子図屏風(源氏物語子の図屏風) 絹本金地著色 六曲一双 右隻:101.0x363.2
左隻:100.1x363.2
遠山記念館 1841年12月3日(天保12年10月21日) 裏に「若松図」が描かれている。鷹司政通の養女・鷹司任子が、第13代将軍徳川家定に輿入れする際に描かれた作品[4]
源氏物語 子の日図 紙本金地著色 六曲一隻 169.5x360.0 島田市博物館 1841年(天保12年)頃 上記の遠山記念館の右隻と同工異曲[5][6]
源氏物語絵合・胡蝶図屏風 六曲一双 158.0x354.0(各) 東京国立博物館 法眼期 各隻に款記「晴川法眼養信筆」
源氏物語屏風 六曲一隻 177.8x384.8 ブリンマー大学[7] 法眼期 款記「晴川法眼養信筆」
胡蝶船遊之図(胡蝶船遊びの図) 永青文庫
春秋高隠図 双幅 永青文庫
鷹狩図屏風 絹本著色 二曲一隻 123.3x144.0 板橋区立美術館 款記「晴川法眼養信筆」/白文方印
Portrait of So'o (Confucius) 紙本著色 1幅 151.4x82.3 フリーア美術館 法眼期 款記「晴川法眼養信筆」 徳川斉昭
竹雀図屏風 紙本金地著色 六曲一双 168.3x370.4(各) 静岡県立美術館 法印期 各隻に款記「中務卿晴川院法印藤原養信筆」/「藤原」白文方印[8]
西王母・瀧図 3幅対 徳島市立徳島城博物館 法印期 款記「晴川院法印養信筆」/「中務卿印」白文方印
刑和璞百鶴百猿図 絹本著色 3幅対 勝興寺 法印期 款記「晴川院法印養信筆」/「中務卿印」白文方印 文王の徳を称える和氏の璧の場面を描いた中幅に、多くの鶴と猿を描いた左右幅を合わせる。この画題は当時人気があったらしく、『公用日記』に複数描いている様子が見える[9]
浪瀧桜瀧紅葉瀧図(浪瀧・桜瀧・紅葉瀧図) 紙本著色 3幅対 117.5x43.9(各) 京都国立博物館
楼閣山水図 絹本著色 1幅 下関市立美術館
諸葛孔明 個人 会津藩士・武井柯亭題賛。賛文は方孝孺作「蜀相像」(『遜志斎集』 第二十四)より「羽扇綸巾一臥竜 誓匡宝祚剪姦雄 図開八陣神機外 国定三分掌握中」[10]
弁財天図 絹本著色 額装1面 111.3x37 いすみ市郷土資料館 いすみ市指定文化財[11]
山水図 絹本著色 額装1面 111.3x36.8 いすみ市郷土資料館 いすみ市指定文化財[12]
桜花に孔雀 高知県立高知城歴史博物館

脚注編集

  1. ^ 第一法規出版、1989年刊。ISBN 4-474-06205-1
  2. ^ 松原茂 「奥絵師狩野晴川院の現実」。
  3. ^ 円浄寺 紙本金地著色四季花鳥図 (市指定)
  4. ^ 遠山記念館 秋田市立千秋美術館編集 『至高の日本美術 遠山記念館名品選』 秋田市立千秋美術館、2017年9月23日、pp.64-65。
  5. ^ 日本画 - 島田市博物館
  6. ^ 島田市博物館編集発行 『島田市博物館収蔵品目録』 2006年3月30日、p.24。
  7. ^ Screen with Scene from the Tale of Genji _ TriArte_ Art & Artifacts Database
  8. ^ 竹雀図屏風 館蔵品検索|コレクション|静岡県立美術館|日本平のふもと、緑に囲まれた美術館.mht
  9. ^ 富山県高岡市教育委員会文化財課編集 『重要文化財勝興寺本堂落慶記念 勝興寺宝物展図録』 勝興寺、財団法人勝興寺文化財保存・活用事業団、高岡市発行、2005年10月、pp.62、151。
  10. ^ 長尾直茂 「江戸時代の漢詩文に見る羽扇綸巾の諸葛孔明像―『三国志演義』との関連において」『漢文學 解釋與研究』第七輯、漢文学研究会、2004年12月10日、pp.73-74,92。なお同図は、細野正信 『江戸の狩野派』 至文堂〈日本の美術262号〉、1988年、p.78、第99図で「孔子像」として紹介されているが、同論文では方孝孺の賛及び図様から誤りだとしている。
  11. ^ (いすみ市)絹本 極彩色額装 弁財天図/千葉県
  12. ^ (いすみ市)絹本 極彩色軸装 山水図/千葉県

参考文献編集

関連項目編集