メインメニューを開く

独占!女の60分』(どくせん おんなのろくじっぷん)は、1975年10月4日から1992年3月28日までテレビ朝日(放送開始当初はNETテレビ)で放送された昼のバラエティ番組。放送時間は毎週土曜 12:00 - 13:00 (JST)。

独占!女の60分
TV Asahi Roppongi Center.JPG
「独占!女の60分」の生放送が行われたテレビ朝日旧社屋(写真は1989年のもの)
ジャンル バラエティ番組
出演者 水の江瀧子
岩井友見
ほか
制作 NETテレビ→テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1975年10月4日 - 1992年3月28日
放送時間 土曜 12:00 - 13:00
放送分 60分
テンプレートを表示

概要編集

主婦をターゲットにしていた番組で、「女のための、女による、女の60分」をキャッチフレーズに掲げていた。しかしながら、企画内容はラブホテルの紹介、夜の日比谷公園の取材、日活ロマンポルノの撮影現場潜入など、土曜昼のテレビ番組としては過激なものもあった。当初は水の江瀧子がメイン司会を、丹下キヨ子宮城千賀子がサブ司会(ご意見番)を務めていた。取材リポートを「アタック」、リポーターを「アタッカー」と称していた。

しかし、放送開始から7年半後の1983年春にサブ司会の丹下が降板。それから4年後の1987年春にはメイン司会の水の江とサブ司会の宮城も降板し、以後は岩井友見がメイン司会を、アタッカーOGのキャシー中島ら数人がサブ司会を務めるようになった。と同時に、冒頭のキャッチフレーズも廃止された。この頃から内容も柔和なもの(例えば、トライアスロンなどのスポーツに挑戦した企画など)が多くなっていった。

1992年春の改編で帯番組に昇格。平日12時台へ移動し、『お昼の独占!女の60分』と改題して放送されるようになった。しかし、こちらは半年で終了している。

歴代司会者編集

メイン司会者編集

サブ司会者(ご意見番)編集

歴代アタッカー(リポーター)と代表的なアタック編集

岩井友見時代編集

放送時間編集

  • 土曜日/12:00 - 13:00(テレビ朝日)
    • 日曜日/19:00 - 20:00(近畿放送/末期)→野球中継や特番でほとんど放送されない。
    • 火曜日/24:20 - 25:20(サンテレビジョン/末期)→野球中継延長時繰り下げて放送。
    • 土曜日/12:00 - 13:00(テレビ和歌山/末期)→どのような事情があったかは不明だが、ABCがネットせず、KBS京都やサンテレビが見られないための救済措置と思われる。

放送局編集

◎=は後継番組である『お昼の独占!女の60分』も放送していた局。○は『お昼の独占!女の60分』を同一地域の他局で放送していた局。

系列は放送当時のもの。
放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 テレビ朝日 テレビ朝日系列 制作局
北海道 北海道テレビ ◎1989年3月打ち切り
青森県 青森朝日放送 ◎1991年10月開局から
宮城県 東日本放送
山形県 山形テレビ フジテレビ系列 ○途中打ち切り
1980年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局[1]
福島県 福島放送 テレビ朝日系列
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
1983年9月まで
1981年3月までは日本テレビ系列とのトリプルネット局
新潟テレビ21 テレビ朝日系列 ◎1983年10月開局から
長野県 長野放送 フジテレビ系列 1975年10月4日から1976年10月16日まで[2]
テレビ信州 テレビ朝日系列
日本テレビ系列
1980年10月4日から1991年3月2日まで[3]
長野朝日放送 テレビ朝日系列 ◎1991年4月開局から
静岡県 静岡県民放送 ◎現:静岡朝日テレビ
石川県 石川テレビ フジテレビ系列 途中打ち切り[4]
北陸朝日放送 テレビ朝日系列 ◎1991年10月開局から
中京広域圏 名古屋テレビ
京都府 近畿放送 独立UHF局 ○現・京都放送[5][6]
和歌山県 テレビ和歌山 [6][7]
兵庫県 サンテレビ ○1990年に打ち切られたが1991年再開[6]
広島県 広島ホームテレビ テレビ朝日系列 ◎1981年3月打ち切り[8]
香川県
岡山県
瀬戸内海放送
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列 ◎途中打ち切り
福岡県 九州朝日放送 テレビ朝日系列
長崎県 長崎文化放送 ◎1990年4月開局から
熊本県 熊本朝日放送 ◎1989年10月開局から
大分県 大分放送 TBS系列 ○途中打ち切り[9]
宮崎県 宮崎放送 ◎途中打ち切り
鹿児島県 鹿児島放送 テレビ朝日系列 ◎1982年10月開局から

ネット局に関する備考編集

  • 関西地区での放送は、朝日放送ではなく近畿放送(KBS京都)、サンテレビ、テレビ和歌山の独立UHF3局で放送されていたが、時間帯移動に伴い近畿放送(KBS京都)・サンテレビ・テレビ和歌山では1992年3月を以ってシリーズの放送打ち切りを余儀なくされた。
  • KBS京都では同時ネットだった頃は編成の都合上、5分前で終了していた( - 1987年)。後に競馬中継(土曜日/12:35 - 16:30)の関係上別時間帯(土曜日19:00 - )で一週遅れの時差放送になった。その後放送時間は土曜日の18:30 - →17:55 - →日曜日19:00 - と何回か変更しており、1回だけ日曜日の朝10:00 - 放送したこともあった。
  • サンテレビでも同様に、番組途中にも関わらず「また来週…」というテロップが入り、飛び降り。12:55 - 「SUN-TVニュース」を放送した。また、1986年からは放送時間が競馬中継終了後の16:30 - の当日時差放送となり飛び降りは解消した。その後、一旦打ち切られたものの末期には火曜日深夜0:20 - 放送再開。野球中継が大幅に伸び(サンテレビでは試合終了まで放送、以降の番組繰り下げ)深夜3時に放送されたこともあった。
  • 北海道テレビや名古屋テレビでも、番組終盤の(まだリポートをしている)途中に“また来週”のテロップが入り、突然番組を終了していた。
  • テーマ曲は渡辺宙明が作曲を担当した。番組初期から中期までは、エンディングのスタッフロールに「(音楽)渡辺宙明」とクレジットがあった。
  • オープニングのタイトルバックは局によって全く違い、基本的には「独占!女の60分」のロゴとその下に独占のハートマークが付くものを採用している局が殆どだったが、KBS京都では手書きの見難いもので、サンテレビではタイトルバックが無かった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、『お昼の独占!女の60分』は当時日本テレビ系列・テレビ朝日系列のクロスネット局だった山形放送で時差ネットで放送された。また、山形テレビは1993年4月からテレビ朝日系列にネットチェンジした。
  2. ^ 1975年10月4日、1976年10月16日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  3. ^ 1980年10月4日、1991年3月2日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  4. ^ 中断と再開を繰り返していた。
  5. ^ 1987年より放送時間が19:00 - に変更してからは、野球中継や特番で年間15回ほどしか放送されなかった。
  6. ^ a b c ただし、『お昼の独占!女の60分』については朝日放送で同時ネットで放送され、本番組が未ネットだった大阪府奈良県滋賀県でも放送された。
  7. ^ 夏は高校野球中継のため放送中止
  8. ^ 打ち切り後は『あっちこっち丁稚』(朝日放送)などの遅れネット番組や自社制作番組などを編成。1983年には本番組のフォーマットによる企画ネット番組として『独占!ひろしま60分』を放送した(こちらは男性のアタッカーも出演)。
  9. ^ ただし、『お昼の独占!女の60分』については当時フジテレビ系列・日本テレビ系列・テレビ朝日系列のトリプルネット局だったテレビ大分で同時ネットで放送された。

関連項目編集

NETテレビ→テレビ朝日 土曜12時台
前番組 番組名 次番組
土曜ショー(第2期)
独占!女の60分
(1975年10月 - 1992年3月)