メインメニューを開く

独立守備隊(どくりつしゅびたい)は、南満州鉄道を守備する歩兵隊である。

目次

概要編集

1905年明治38年)のポーツマス条約の結果、日本ロシア満州における権利を継承した。12月の北京協約によって、この権利を中国に承認させたが、この中に長春以南の鉄道、すなわち南満州鉄道 1km につき15名の鉄道守備兵を置く権利が含まれている。この権利に基づいて、南満州に独立守備隊が置かれたのである。鉄道の延長は1100kmであるから守備兵は16500人となるが、独立守備隊の兵数は満州事変時には約5000に過ぎず、駐箚師団兵数が約5400であったため、鉄道守備兵は合計約10400人である。独立守備隊は司令官の下に歩兵六大隊があり、公主嶺、奉天、大石橋、連山関、鉄嶺および鞍山に大隊本部、その他要地に分遣部隊を駐屯させた。

1909年(明治42年)5月4日、司令部は旅順関東都督府将校集会所で事務を開始[1]1914年(大正3年)5月9日、第4大隊が連山関に移転[2]

司令官編集

独立守備隊
第1独立守備隊

脚注編集

  1. ^ 『官報』第7766号、明治42年5月18日。
  2. ^ 『官報』第540号、大正3年5月19日。
  3. ^ 『官報』第1794号、大正7年7月25日。
  4. ^ a b 『官報』第3696号、大正13年12月16日。
  5. ^ 『官報』第4054号、大正15年3月3日。
  6. ^ 『官報』第1683号、昭和7年8月9日。
  7. ^ 『官報』第2151号、昭和9年3月6日。
  8. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』195頁。

参考文献編集

外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。