独立宣言(どくりつせんげん、: declaration of independence)は、特定の地域において政体により発せられた独立および建国の宣言である。通常、こうした地域は他の国あるいは失敗国家の全域あるいは一部、もしくはより大きい国から分離した地域である。

2010年、国際連合国際司法裁判所が「国際法に独立宣言を禁じる規定はない」とするコソボの独立宣言に対する勧告的な意見英語版を発したが、分離を望む地域からの宣言は反乱の宣言と見なされ、危機を解決するために独立戦争あるいは憲法的な和解につながる可能性がある。

独立宣言の一覧編集

国家 宣言 日付 関係国 署名者 最初の承認国
  アルバニア アルバニア独立宣言英語版 1912年11月28日   オスマン帝国 en:Assembly of Vlorë   オーストリア=ハンガリー帝国
  リオ・デ・ラ・プラタ諸州連合英語版
(現在   アルゼンチン  ウルグアイ  ボリビア)
アルゼンチン独立宣言英語版 1816年7月9日   スペイン en:Congress of Tucumán ハワイ王国
 アルメニア第一共和国 アルメニア独立宣言英語版 1918年5月28日 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 en:Armenian National Congress (1917) en:Armenian Revolutionary Federation (ARF Dashnak) ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
  アゼルバイジャン アゼルバイジャン独立宣言英語版 1918年5月28日 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 en:Azerbaijani National Council (en:Hasan bey Aghayev, en:Fatali Khan Khoyski, en:Nasib Yusifbeyli, en:Jamo bey Hajinski, Şefi bey Rustambeyli, en:Nariman bey Narimanbeyov, en:Javad Malik-Yeganov, en:Mustafa Mahmudov)   オスマン帝国
アザワド アザワド独立宣言 2012年4月6日   マリ アザワド解放民族運動英語版
  バングラデシュ バングラデシュ独立宣言英語版 1971年3月26日   パキスタン バングラデシュ制憲議会英語版   ブータン
ベラルーシ人民共和国 Third Constituent Charter 1918年3月25日 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 en:Rada of the Belarusian Democratic Republic
白ロシア社会主義ソビエト共和国 独立宣言の声明 1920年7月31日   ポーランド 白ロシア共産党, 労働組合 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
白ロシア・ソビエト社会主義共和国 国家主権宣言英語版 1990年7月27日   ソビエト連邦 最高会議   トルコ
  ベルギー ベルギー独立宣言 1830年10月4日   オランダ王国 en:Provisional Government of Belgium
ボスニアヘルツェゴビナ ボスニア独立宣言英語版 1992年3月1日 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国   ブルガリア
ブラジル帝国 ブラジル独立 1822年9月7日   ポルトガル ペドロ1世   アメリカ
  ブーゲンビル島 ブーゲンビル独立宣言英語版 1990年5月   パプアニューギニア en:Bougainville Interim Government
  ブルガリア ブルガリア独立宣言英語版 1908年9月22日   オスマン帝国 フェルディナント
ブルガリア政府英語版
  ロシア帝国(1909年2月5日)
  ビルマ ビルマ独立宣言英語版 1948年1月4日   イギリス
  カタルーニャ州 イベリア連邦の州としてのカタルーニャ共和国の宣言 1931年4月14日   スペイン en:Francesc Macià, カタルーニャ州政府
  カタルーニャ州 スペイン連邦共和国内のカタルーニャ国家の宣言 1934年10月6日   スペイン en:Lluís Companys, カタルーニャ州政府
  カタルーニャ州 カタルーニャ独立宣言 2017年10月27日   スペイン
中央アメリカ連邦共和国 中央アメリカ独立法英語版 1821年9月15日   スペイン
  チリ チリ独立宣言英語版 1818年2月12日   スペイン 国民議会   ポルトガル
  コロンビア コロンビア独立宣言英語版 1810年7月20日   スペイン
  コモロ コモロ独立宣言英語版 1975年7月6日   フランス -   ギニア
  クロアチア クロアチア共和国の独立と主権国家の成立宣言 1991年7月25日 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国   アイスランド
クリミア共和国 クリミア独立宣言 2014年3月11日   ウクライナ クリミア最高会議英語版   ロシア
  チェコスロバキア チェコスロバキア独立宣言英語版 1918年10月18日   オーストリア=ハンガリー帝国 en:Czechoslovak National Council   アメリカ
  ドミニカ共和国 ドミニカ独立宣言 1844年2月27日   ハイチ   イギリス
  東ティモール 東ティモール独立宣言 1975年11月28日   ポルトガル   モロッコ
  エジプト 一方的な独立宣言英語版 1922年2月28日   イギリス イギリス政府による一方的な独立の許可   イギリス
  エストニア エストニア独立宣言英語版 1918年2月24日   ロシア帝国 エストニア救世委員会英語版 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
  エストニア エストニアの独立回復 1991年4月20日   ソビエト連邦 en:Congress of Estonia   アイスランド (以前の認識を再確認)
  フィンランド フィンランド独立宣言 1917年12月6日   ロシア帝国 エドゥスクンタ ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
  フロリダ州英語版 フロリダ州憲法(1861年) 1861年1月10日   アメリカ フロリダ州議会
  ガリシア共和国英語版 ガリシア独立宣言 1931年7月27日   スペイン
グルジア民主共和国 グルジア独立宣言英語版 1918年5月26日   ロシア帝国 ヴァイマル共和政
グルジア グルジアの独立回復 1991年4月9日[1]   ソビエト連邦 最高会議   スイス
  ジョージア州英語版 ジョージア州の離脱宣言 1861年1月29日   アメリカ
  ギリシャ王国 ギリシャ独立宣言 1822年1月1日(ユリウス暦   オスマン帝国 First National Assembly   ハイチ (1822年)
  ギニアビサウ ギニアビサウ独立宣言 1973年9月24日   ポルトガル
  ハイチ ハイチ独立宣言英語版 1804年1月1日 フランス第一帝政 ジャン=ジャック・デサリーヌ   フランス
(1825年4月17日)[2]
  ハンガリー ハンガリー独立宣言 1849年4月14日   ハプスブルク帝国
  アイスランド アイスランド独立宣言 1944年7月17日   デンマーク   アメリカ
イラク王国 イラク独立宣言 1932年10月3日   イギリス   イギリス
  インド プールナ・スワラージ英語版 1930年1月26日   イギリス
  インドネシア インドネシア独立宣言 1945年8月17日   オランダ王国 スカルノモハマッド・ハッタ エジプト王国
  バチカン市国[3]
  アイルランド アイルランド共和国宣言英語版 1916年4月24日
イースターマンデー
  イギリス アイルランド共和国臨時政府英語版
  アイルランド アイルランド独立宣言英語版 1919年1月21日   イギリス ドイル・エアラン ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
  イスラエル イスラエル独立宣言 1948年5月14日   イギリス ユダヤ民族評議会   アメリカ
  カタンガ共和国 カタンガ独立宣言 1960年   コンゴ共和国
日本統治時代の朝鮮 己未独立宣言書英語版 1919年3月1日   大日本帝国 大韓民国臨時政府   中華民国 (1933年)
  北ソロモン共和国英語版 独立宣言 1975年9月1日   en:Territory of Papua and New Guinea (オーストラリア) 不明   バチカン市国
  コソボ 独立宣言英語版 2008年2月17日   セルビア
  国際連合コソボ暫定行政ミッション
民主的に選出された我々の指導者[a]   コスタリカ
コソボ共和国 コソボ共和国宣言 1992年9月22日   ユーゴスラビア コソボ議会   アルバニア
  ラトビア ラトビア独立宣言 1918年11月18日 ヴァイマル共和政
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
ラトビア人民評議会 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
  ラトビア ラトビアの独立回復について 1990年5月4日   ソビエト連邦 最高会議   アイスランド
  リベリア リベリア独立宣言英語版 1847年7月16日   アメリカ植民地協会 リベリア憲法制定会議 イギリス
  リトアニア リトアニア独立宣言 1918年2月16日   ドイツ帝国
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国
en:Council of Lithuania ヴァイマル共和政
  リトアニア en:Act of the Re-Establishment of the State of Lithuania 1990年3月11日   ソビエト連邦 en:Supreme Council of Lithuania   アイスランド
  ローワー・カナダ共和国英語版 ローワー・カナダ独立宣言英語版 1838年2月22日 イギリス ロバート・ネルソン 無し
  マケドニア 独立宣言 1991年9月8日 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国   ブルガリア
  マラヤ連邦
(現在のマレーシア)
en:Federation of Malaya Independence Act 1957 1957年8月31日   イギリス トゥンク・アブドゥル・ラーマンマラヤ連邦首相   イギリス[4]
  ミシシッピ州英語版 離脱宣言 1861年1月9日   アメリカ
メキシコ第一帝政
(現在の   メキシコ)
メキシコ帝国独立宣言英語版
(real independence)[要説明]
1821年9月28日   スペイン Supreme Provisional Governmental Board イギリス (1825年1月4日)[5]
  モルドバ モルドバ独立宣言英語版 1991年8月27日   ソビエト連邦 モルドバ共和国議会   ルーマニア
  モロッコ モロッコ独立宣言 1944年1月11日   フランス共和国臨時政府 イスティクラル党
  モンテネグロ 独立宣言 2006年6月3日   セルビア・モンテネグロ モンテネグロ議会   アイスランド
  オランダ王国 統治否認令英語版 1581年7月26日 スペイン帝国 ユトレヒト同盟
  ニュージーランド部族連合国英語版 ニュージーランド独立宣言英語版 1835年10月28日 マオリの酋長   イギリス[6]
  ヌエバ・エスパーニャ
(現在)   メキシコ
en:Solemn Act of the Declaration of Independence of Northern America 1813年11月6日   スペイン アナワク会議
北キプロス・トルコ共和国 北キプロス・トルコ共和国独立宣言 1983年11月15日   キプロス   トルコ
  北イピロス自治共和国英語版 北イピロス独立宣言英語版 1914年2月28日   アルバニア公国 北イピロス臨時政府
  ノルウェー
(ノルウェー王国英語版)
ノルウェー独立宣言 (スウェーデン=ノルウェー)の主権下の直後[要説明]ノルウェー憲法英語版 1814年5月17日 デンマーク=ノルウェー
(キール条約)
en:Norwegian Constituent Assembly
パダーニャ パダーニャ独立宣言英語版 1996年9月15日 イタリア
  パキスタン ラホール決議英語版 1940年3月24日   イギリス en:Muslim League (Pakistan)
  パレスチナ パレスチナの独立宣言 1988年11月15日   パレスチナ自治区

  ヨルダン (1988年までヨルダン川西岸地区領有を主張)

パレスチナ民族評議会   アラブ連盟
  ペルー 独立宣言 1821年7月28日   スペイン ホセ・デ・サン=マルティン   アルゼンチン
  フィリピン フィリピン独立宣言 1898年6月12日   スペイン 独裁政権代表98人[7] (マロロス議会により1898年9月29日に批准された[8])
  ローデシア 一方的な独立宣言英語版 1965年11月11日   イギリス イアン・スミスと内閣一同 無し
  ルーマニア 独立宣言英語版 1877年5月22日   オスマン帝国 カロル1世
  ロシア ベロヴェーシ合意 1991年12月12日   ソビエト連邦 最高会議
サハラ・アラブ民主共和国 ビル・ラフルー宣言 1976年2月27日 スペイン領サハラ ポリサリオ戦線   マダガスカル
  スコットランド王国 アーブロース宣言 1320年4月6日   イングランド王国 スコットランドの指導者
  セルビア 宣言 (Proglašenije/Проглашеније) 1809年2月   オスマン帝国 カラジョルジェセルビアの議員
  シンガポール 独立宣言[9] 1965年8月9日   マレーシア[10][11] リー・クアンユーシンガポールの首相   イギリス
(以前の認識を再確認)[12]
  スロバキア 独立宣言 1992年7月17日   チェコスロバキア スロバキア国民議会
  スロベニア 独立宣言 1991年6月25日 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国   クロアチア
  ソマリランド ソマリランド独立宣言英語版 1991年5月18日   ソマリア 無し
  サウスカロライナ州英語版 離脱宣言英語版 1860年12月24日   アメリカ チャールストンの州民
  スリランカ 独立宣言 (当時は"セイロン") 1948年2月4日   イギリス
テキサス共和国 テキサス独立宣言 1836年3月2日   メキシコ   フランス
  テキサス州英語版 離脱宣言 1861年2月1日   アメリカ テキサス州議会
チベット 独立宣言 1913年2月13日   中華民国 ダライ・ラマ13世 無し
  トルクメニスタン 独立宣言 1991年   ソビエト連邦 無し   トルコ
  ウクライナ 第4ウニヴェルサール英語版 1918年1月22日 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 ウクライナ中央ラーダ
  ウクライナ ウクライナ独立宣言英語版 1991年4月24日   ソビエト連邦 ヴェルホーヴナ・ラーダ   ポーランド
  カナダ[13]
  アメリカ アメリカ独立宣言 1776年7月2日[b]   グレートブリテン王国 第二回大陸会議英語版   モロッコ[16][17]
  ウズベキスタン 独立宣言 1991年8月31日   ソビエト連邦 ウズベキスタン共和国最高会議英語版   トルコ
  ベネズエラ ベネズエラ独立宣言英語版 1811年1月5日   スペイン 国民議会
バーモント共和国 バーモント独立宣言 1777年1月15日   アメリカ

  British Quebec

  ベトナム ベトナム独立宣言 1945年9月2日   フランス ホー・チ・ミン   ソビエト連邦

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ No reference in original Albanian text to the declaration being the work of the Assembly of Kosovo. The language used in the declaration differs from that employed in acts of the Assembly of Kosovo in that the first paragraph commences with the phrase "We, the democratically-elected leaders of our people . . .", whereas acts of the Assembly of Kosovo employ the third person singular. Moreover, the procedure employed in relation to the declaration differed from that employed by the Assembly of Kosovo for the adoption of legislation. It was not transmitted to the Special Representative of the Secretary General and was not published in the Official Gazette of the Provisional Institutions of Self-Government of Kosovo. As the practice shows, he would have been under a duty to take action with regard to acts of the Assembly of Kosovo which he considered to be ultra vires. Taking all factors together, the authors of the declaration of independence of 17 February 2008 did not act as one of the Provisional Institutions of Self-Government within the Constitutional Framework, but rather as persons who acted together in their capacity as representatives of the people of Kosovo outside the framework of the interim administration.
  2. ^ The Continental Congress voted in favor of the Declaration of Independence on July 2.[14] Versions were not printed until July 4 and later, while the signatories did not sign the Matlack declaration until August.[15]

脚注編集

  1. ^ Act of Restoration of State Independence of Georgia”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ Ashmore, Harry S.: “Encyclopædia Britannica: a new survey of universal knowledge, Volume 11”. p. 85 (1961年). 2016年5月11日閲覧。
  3. ^ Murti Hadi SJ: Soegija Bukan Film Dakwah”. filmindonesia.or.id. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ Federation of Malaya Independence Act 1957
  5. ^ Inglaterra: primer país que reconoce la Independencia de México” (スペイン語). Memoria Politica de México. 2011年9月18日閲覧。
  6. ^ The Lord Glenelg (25 May 1836), “EXTRACT of a DESPATCH from Lord GLENELG to Major-General Sir RICHARD BOURKE, New South Wales”, written at London, Documents > Declaration of Independence, Christchurch: Waitangi Associates, http://www.waitangi.co.nz/declarationindependence.htm#Extract 2010年5月22日閲覧。 
  7. ^ Philippine History. Rex Bookstore, Inc.. (2004). p. 162. ISBN 978-971-23-3934-9. https://books.google.com/books?id=gUt5v8ET4QYC 
  8. ^ Tucker, Spencer (2009). The Encyclopedia of the Spanish-American and Philippine-American Wars: A Political, Social, and Military History. ABC-CLIO. p. 364. ISBN 978-1-85109-951-1. https://books.google.com/books?id=8V3vZxOmHssC 
  9. ^ Singapore was forced out of Malaysia by the Malaysian parliament, and the proclamations were then agreed by the two governments. See the Independence of Singapore Agreement 1965 (1985 Rev. Ed.) and the Acts of the Parliament of the United Kingdom.
  10. ^ Agreement relating to the separation of Singapore from Malaysia as an independent and sovereign state
  11. ^ Agreement relating to the separation of Singapore from Malaysia as an independent and sovereign state/proclamation of singapore
  12. ^ Singapore Act 1966
  13. ^ Ukraine and Russia: The Post-Soviet Transition by Roman Solchanyk, Rowman & Littlefield Publishers, 2000, 0742510182 (page 100)
    Canadian Yearbook of International Law, Vol 30, 1992, University of British Columbia Press, 1993, 9780774804387 (page 371)
    Szporluk, Roman (24 February 2020). Russia, Ukraine and the Breakup of the Soviet Union. Hoover Press. ISBN 978-0-8179-9543-0. https://books.google.com/books?id=oLWeUoWEAGgC&pg=PA355 , p. 355
  14. ^ A Century of Lawmaking for a New Nation : U.S. Congressional Documents and Debates 1774-1875. Library of Congress. (2003). pp. 506–507. http://memory.loc.gov/cgi-bin/ampage?collId=lljc&fileName=005/lljc005.db&recNum=90&itemLink=r?ammem/hlaw:@field(DOCID+@lit(jc00523)):%230050092&linkText=1. "Tuesday July 2, 1776 [...] Resolved, That these United colonies are, and, of right, ought to be, Free and Independent States; that they are absolved of all allegiance to the British Crown, and that all political connexion between them and the state of Great Britain, is, and ought to be, totally dissolved." 
  15. ^ Coelho, Chris (2013), Timothy Matlack, Scribe of the Declaration of Independence, McFarland, p. 61, ISBN 978-0-7864-7443-1, https://books.google.com/books?id=zVuDsVNCTygC&q=signed&pg=PA61 
  16. ^ US-Morocco Diplomatic Relationship Archived 2015-08-12 at the Wayback Machine.. Official Web site of the Embassy of the Kingdom of Morocco to the United States of America.
  17. ^ Dolan, Kerry A. (2013年11月21日). “Why Morocco Matters To The U.S.”. Forbes. 2017年7月11日閲覧。

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、独立宣言に関するカテゴリがあります。