メインメニューを開く

独立音楽協会(どくりつおんがくきょうかい、フランス語: la Société musicale indépendante, 略称:SMI)は、モーリス・ラヴェルが軸となり、恩師ガブリエル・フォーレや、同門のシャルル・ケクランフローラン・シュミットと共に1909年に結成した音楽団体である。

目次

背景と経緯編集

独立音楽協会が創設されるまでは「フランス音楽の創造」を標榜する国民音楽協会パリ随一の音楽団体であったが、会長のセザール・フランク1890年に亡くなると、スコラ・カントルムを率いるヴァンサン・ダンディと、彼に忠誠を誓う何名かの作曲家が、国民音楽協会を牛耳るようになった[1]。このため、ラヴェルの作品は冷たくあしらわれ、ケクランやモーリス・ドラージュレイフ・ヴォーン・ウィリアムズの作品は国民音楽協会の演目から外されるようになった。このような状況のもとでラヴェルは国民音楽協会を退会し、独立音楽協会の発起人となった。

独立音楽協会は「現代的な音楽の創造を支持すること」を目標とし、形式やジャンル、作曲様式による制限とは無縁のプログラム作りを行ない、伝統ある音楽団体となった国民音楽協会と対峙した。

独立音楽協会のオープニングコンサートは1910年4月20日サル・ガヴォー(Salle Gaveau)で行われ、ラヴェルの『マ・メール・ロワ』(ピアノ連弾)の初演などが行われた[2]

執行委員編集

独立音楽協会で初演された楽曲編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ フォーレは独立音楽協会の総裁を務めつつ、国民音楽協会にも籍を置いた。

出典編集

  1. ^ 今谷和徳; 井上さつき 『フランス音楽史』 春秋社、2010年2月。ISBN 9784393931875 
  2. ^ アービー・オレンシュタイン 『ラヴェル : 生涯と作品』 井上さつき訳、音楽之友社、2006年、79-82頁。ISBN 4276131553