狭山ラトルズSC(さやまラトルズサッカークラブ、SAYAMA Rattles Soccer Club、狭山ラトルズサッカークラブ)は、埼玉県狭山市をホームタウンとして活動する社会人サッカークラブである[1]

狭山ラトルズSC
原語表記 狭山ラトルズサッカークラブ[1]
呼称 狭山ラトルズSC
愛称 ラトルズ
クラブカラー   グリーン[1]
  レッド[1]
創設年 1968年
所属リーグ 埼玉県社会人サッカーリーグ(トップチーム)
狭山市社会人サッカーリーグ(セカンドチーム)[1]
所属ディビジョン 2部Bブロック(トップチーム)
1部(セカンドチーム)
ホームタウン 埼玉県狭山市[1]
代表者 日本の旗 佐藤義男(トップチーム)
日本の旗 三田茂行(セカンドチーム)
監督 日本の旗 熊田智章(トップチーム)
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

クラブ概要編集

1968年10月、東京オリンピックメキシコシティーオリンピックをきっかけに到来したサッカーブームに乗じて、現クラブ代表の佐藤義男を含む十数名によって、「とにかくサッカーを楽しんで、うまい酒を呑む!」をコンセプトにラトルズサッカークラブとして創設。直後に発足した「狭山市サッカー連盟(現・狭山市サッカー協会)」に加盟、狭山市社会人サッカーリーグ1部に参加する[2]

1998年、より地域性をアピールする為にクラブ名を狭山ラトルズサッカークラブへ改称する[1][2]。以降、リーグ戦やカップ戦でも好成績を収めるなど徐々にクラブ力が強化されていくも、なかなか埼玉県社会人サッカーリーグ昇格は果たせなかったが、2000年、狭山市リーグ1部を制し、2001年よりスタートした埼玉県リーグ3部に漸く昇格した[2]

埼玉県リーグ2部昇格を目指して臨んだ2001年だが、FC西武台などの上位陣に悉く敗れ5位に終わり、2002年も前年同様上位陣に敗戦を重ね7位に終わる[2]2003年はリーグ終盤まで2位以上をキープし、最終節を迎える時点で首位に立つ。しかし、2位坂戸シティFCとの直接対決に敗れ2位となり、与野リバティーとの2部昇格決定戦に臨むことになったが、これを3-1で勝利し、2部昇格を果たした[2]

初参戦の埼玉県リーグ2部では、シーズン前半の7試合で稼いだ勝点はわずか「2」。それでも、シーズン後半は立て直して勝ち点「15」を稼いだが、前半の不振が響き、僅か1年で3部に降格した[2]

1年での埼玉県リーグ2部復帰を目指した2005年、この年もリーグ2位となり、K.Fラホージャとの2部昇格決定戦に臨むも2-3で敗戦。翌2006年は開幕戦から一度も首位を譲らず、2年ぶりに埼玉県リーグ2部へ復帰した[2]

埼玉県リーグ1部昇格を目標に臨んだ2008年、開幕4連勝を含む6勝を挙げ、上々の滑り出しを決めたが、シーズン後半は不安定な試合運びが目立ち、4位に終わる[2]2009年は絶好調だった前年とは打って変わって開幕5試合で僅か1勝しか挙げられなかった。その後なんとか立て直すも最後まで序盤の不振が響き4位に終わる[2]。しかし2010年は1年を通して好調で、前半9試合を全勝で突破し、後半戦も6勝3敗の成績で優勝。初の埼玉県リーグ1部昇格を決めた[2]。また、全国クラブチームサッカー選手権大会にも初出場を果たした。結果は2回戦敗退[2]

埼玉県リーグ1部初参戦の2011年、リーグ序盤戦5試合でわずか勝ち点「1」と大苦戦を強いられるも、第6節以降は4勝2敗の成績で巻き返し7位でフィニッシュし1部残留を決め、以降4年間1部リーグに在籍していた[2]。しかし2014年、同年に設立した、ラトルズOBらを中心にしたセカンドチーム「狭山ラトルズナイトクラブ」において、トップチームの選手をセカンドチームに二重登録したため、8月17日以降の試合をすべて無効試合とされ、更に埼玉県リーグ3部へ強制降格処分が下った[2][3]

3部での戦いとなった2015年はシーズン序盤こそ好スタートを切ったが、中盤の取りこぼしが響き3部残留。翌2016年も序盤の躓きが響き残留となった。2019年、埼玉県リーグ3部西部ブロックで優勝し、埼玉県リーグ2部に昇格。

クラブ名の「rattles(ラトルズ)」とは、英語の「ガタガタ鳴る」や「べらべらしゃべる」といった意味の「rattle(ラトル)」の複数形で、創立時のメンバーが騒々しい人ばかりだったことに由来している[1]

歴史編集

  • 1968年 佐藤義男を含む十数名によって、ラトルズサッカークラブとして創設。狭山市サッカー連盟(現・狭山市サッカー協会)に加盟[2]
  • 1998年 より地域性をアピールする為にクラブ名を狭山ラトルズサッカークラブへ改称[2]
  • 2000年 狭山市社会人サッカーリーグ1部優勝。埼玉県社会人サッカーリーグ3部西部ブロック初昇格[2]
  • 2003年
    • 埼玉県社会人サッカーリーグ3部西部ブロック2位。2部昇格決定戦進出[2]
    • 与野リバティーとの2部昇格決定戦に勝利。埼玉県社会人サッカーリーグ2部昇格[2]
  • 2004年 埼玉県社会人サッカーリーグ2部12位。埼玉県社会人サッカーリーグ3部西部ブロック降格[2]
  • 2006年 埼玉県社会人サッカーリーグ3部西部ブロック優勝。埼玉県社会人サッカーリーグ2部昇格[2]
  • 2010年
  • 2014年
    • セカンドチームとして、狭山ラトルズナイトクラブ設立[1]
    • トップチーム選手のセカンドチームへの二重登録により、トップチームは8月17日以降の試合をすべて無効試合とされ、埼玉県社会人サッカーリーグ3部へ強制降格処分[3]
  • 2019年
    • 埼玉県社会人サッカーリーグ3部西部ブロック優勝。埼玉県社会人サッカーリーグ2部昇格。

クラブ戦績 (トップチーム)編集

リーグ戦編集

年度 所属 順位 勝点 試合 得失差
1968 狭山市1部
1969
1970
1971
1972 優勝
1973 3位
1974
1975
1976
1977 2位
1978 2位
1979 2位
1980 2位
1981
1982 優勝
1983
1984
1985 優勝
1986 優勝
1987
1988
1989 優勝
1990
1991 3位
1992
1993 3位
1994 3位
1995 優勝
1996 狭山市1部Aブロック 2位
1997 狭山市1部Bブロック 優勝
1998 狭山市1部 優勝
1999 狭山市1部Bブロック 優勝
2000 優勝
2001 埼玉県3部西部ブロック 5位 21 11 7 0 4
2002 7位 22 15 7 1 7 35 27 8
2003 2位 33 15 11 0 4 37 19 18
2004 埼玉県2部 12位 15 15 4 3 8 25 35 -10
2005 埼玉県3部西部ブロック 2位 36 15 12 0 3 48 15 33
2006 優勝 38 15 12 2 1 55 11 44
2007 埼玉県2部 12位 17 15 4 5 6 27 30 -3
2008 埼玉県2部Bブロック 4位 30[注釈 1] 18 10 2 6 48 31 17
2009 埼玉県2部Aブロック 4位 29 18 8 5 5 36 24 12
2010 埼玉県2部Bブロック 優勝 48 18 15 0 3 56 20 36
2011 埼玉県1部 7位 13 11 4 1 6 24 29 -5
2012 6位 18 16 6 0 10 32 38 -6
2013 8位 18 18 5 3 10 36 51 -15
2014 失格[注釈 2] 5 18 1 2 15 15 56 -41
2015 埼玉県3部西部ブロック 3位 25 11 8 1 2 36 11 25
2016 5位 20 11 6 2 3 36 15 21
2017 4位 22 11 7 1 3 40 9 31
2018 3位 21 11 6 2 3 26 16 10
2019 優勝 31 11 10 1 0 45 4 41
2020 埼玉県2部Bブロック 新型コロナウイルスの影響により、交流戦として開催
2021 8位 16 18 4 4 10 14 30 -16
2022 9位 22 18 6 4 8 20 36 -16

全国クラブチームサッカー選手権大会編集

出場1回(2017年現在)
年月日 ラウンド 会場 得点 対戦相手 観客
17 2010年10月30日 1回戦 SSしばた 4 - 2 aet FCシバタ
2010年10月31日 2回戦 JSC人工芝 1 - 2 FCバレイン下関

クラブ戦績 (セカンドチーム)編集

年度 所属 順位 勝点 試合 得失差
2015 狭山市2部 優勝 22 8 7 1 0 24 1 23
2016 狭山市1部 5位 12 8 4 0 4 19 20 -1
2017 3位 18 8 6 0 2 28 7 21
2018 4位 14 8 4 2 2 20 10 10
2019 5位 9 7 3 0 4 11 27 -16
2020 新型コロナウイルスの影響により、交流戦として開催
2021 優勝 16 6 5 1 0 19 8 11
2022 優勝 18 6 6 0 0 20 0 20

所属選手・スタッフ編集

2018年
役職 氏名 前職 備考
トップチーム代表   佐藤義男   狭山ラトルズSC 選手 セカンドチーム選手兼トップチーム代表
セカンドチーム代表   三田茂行   W.A.S.T.入間 選手 セカンドチーム選手兼セカンドチーム代表
トップチーム監督   熊田智章   狭山ラトルズSC 選手 セカンドチーム選手兼トップチーム監督
ヘッドコーチ   井上育夫   狭山ラトルズSC 選手 セカンドチーム選手兼ヘッドコーチ
アシスタントコーチ   石川泰之   狭山ラトルズSC 選手 セカンドチーム選手兼アシスタントコーチ
主務   牧田淳一 平成国際大学 トップチーム選手兼主務

選手 (トップチーム)編集

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1   篠崎寛之   FC小手指
21   小林徹也 埼玉栄高校
DF 3   小林拓海   彩野蹴球会
4   中嶋義治   TEENS小江戸川越
5   中村元希 伊奈学園総合高校
6   佐藤雄太   武蔵野FC青年団
11   日野悠人 伊奈学園総合高校
23   奥石海斗 亜細亜大学
MF 2   鈴木雄一 国士舘大学
7   山田宗幸 埼玉栄高校
8   森慶太   坂戸シティFC
9   谷内雷 武蔵大学
13   松田陸 日大生物資源科学部
14   岸太輝 尚美学園大学
15   柴原翼 成蹊大学
16   奈良崎大志郎   アルドール狭山FC
18   細田耕平   埼玉栄高校 キャプテン
29   抜井光貴 亜細亜大学
25   田中清喜   フィグラーレ狭山FC
FW 10   牧田淳一 平成国際大学 トップチーム選手兼主務
20   小寺立晃   練馬区役所サッカー部
30   矢部晃太 埼玉栄高校
44   八木沢凌斗 伊奈学園総合高校

選手 (セカンドチーム)編集

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 28   渡辺周平   狭山ラトルズSC
30   三田茂行   W.A.S.T.入間 セカンドチーム選手兼セカンドチーム代表
DF 3   川上直輝   川越TEENS
4   大畑隆之   日高クラブ
10   井上育夫   狭山ラトルズSC セカンドチーム選手兼ヘッドコーチ
12   佐渡屋悠   狭山ラトルズSC
22   藤井那生   狭山ラトルズSC
27   阿部友広   狭山ラトルズSC
MF 7   石川泰之   狭山ラトルズSC セカンドチーム選手兼アシスタントコーチ
8   細田賢吾   狭山ラトルズSC
14   和田貴文 武蔵越生高校
16   岩満義雄   狭山ラトルズSC
19   大野智輝 所沢西高校
20   平川史拳 埼玉豊岡高校
23   沼澤裕樹   日高クラブ
24   高橋祐介   狭山ラトルズSC
25   宮腰夏月 武蔵越生高校
26   中村芳朗   狭山ラトルズSC
29   吉成裕樹    西武クラブ
32   鈴木優   練馬区役所サッカー部
FW 6   熊田智章   狭山ラトルズSC セカンドチーム選手兼トップチーム監督
11   斉藤延和   狭山ラトルズSC
15   田嶋裕   狭山ラトルズSC
17   佐藤義男   狭山ラトルズSC セカンドチーム選手兼トップチーム代表
21   虫本晋太郎   狭山ラトルズSC

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd) 臙脂 臙脂 臙脂
GK(1st) シルバー シルバー シルバー
GK(2nd)
 
 
 
 
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
 
 
 
 
GK 2nd

クラブカラーのグリーンは、ラトルズのホームタウンである狭山市の特産物「狭山茶」を、レッドは、狭山市の花である躑躅を表している[1]。尚、カラーバランスの観点から本来の躑躅の色よりも若干濃い赤となっている[1]

クラブカラー編集

  •   グリーン、  レッド

ユニフォームスポンサー編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
なし - -
なし - -
背中上部 なし - -
背中下部 なし - -
パンツ なし - -

ユニフォームサプライヤー編集

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ 勝ち点2が剥奪されている。
  2. ^ トップチームの選手をセカンドチームに二重登録したため、8月17日以降の試合をすべて無効試合とされ、埼玉県社会人サッカーリーグ3部へ強制降格。

脚注編集

外部リンク編集