狭穂彦王

日本の皇族
狭穂彦から転送)

狭穂彦王(さほひこのみこ、生年不詳 - 垂仁天皇5年10月没)とは、記紀における皇族(王族)。『日本書紀』では狭穂彦王、『古事記』では沙本毘古王彦坐王の子で、開化天皇の孫に当たる。日下部連甲斐国造の祖。母は春日建国勝戸売の娘、沙本之大闇見戸売。同母の兄弟に葛野別・近淡海蚊野別の祖袁邪本王、若狭耳別の祖室毘古王垂仁天皇皇后狭穂姫命がいる。

垂仁天皇5年に妹の狭穂姫命に天皇暗殺を試みさせるが失敗。叛乱を興すものの、追い詰められ兄妹ともに稲城の中で自殺する。この「狭穂彦王の叛乱」は、『古事記』における最も物語性の高い記述とされる。