メインメニューを開く

狼・無頼控

狼・無頼控』(おおかみ ぶらいひかえ)は、毎日放送大映テレビ映像京都が制作し、NETテレビ(現・テレビ朝日)系列(現在とはネット系列編成が異なる)[1]で放映された時代劇1973年(昭和48年)10月5日から1974年(昭和49年)3月29日にかけて、金曜夜9時からの1時間枠で放送された。全26回。

目次

作品内容編集

(オープニングナレーション 第1話 - )

自ら家を捨て、友を捨て、女を捨て
すべての絆を断ち切った人間たち
人は彼らを無頼と呼び、狼と呼ぶ
狼 それは、組織を脱出した者に与えられる呼び名である
果たして彼らは、
人生の答えを何に賭けるのか
無頼と呼ばれ、さすらい者と呼ばれる六匹の狼
彼らは怒りに燃えて、この世の悪に挑戦する!

(オープニングナレーション 第 話~)

自ら家を捨て、友を捨て、女を捨て
すべての絆を断ち切った人間たち
人は彼らを無頼と呼び、狼と呼ぶ
果たして彼らは、
人生の回答を何に賭けるのか、
名もなく凄まじい六匹の狼
彼らは怒りに燃えて、この世の悪に挑戦する!

時は江戸時代末期(おそらく天保の改革の直前ぐらいと思われる)、江戸の片隅の小料理屋「蔦の家」に屯する6人の男女。その正体は、大目付跡部和泉守の組織する私設実働部隊「狼[2]」。多額の報酬と引き換えに諸国諸藩、または江戸で起こった悪事を暴き、当事者である悪人たちを陰で始末する任務を引き受ける。無論、彼らに対する公的な支援は一切なく、任務は命の保障すらない危険なもの。そして、彼らもまた、任務よりも己の信念を優先する、題名通り無頼の一匹狼の集団。ゆえに、時として仲間割れを起こしたり、求められたものから逸脱してとんでもない方向に突っ走ろうとする。それでも彼らは「金のため」を建前に虐げられた者たちのために任務に挑み、何だかんだ言いながらも絶妙のチームワークで事件を解決してゆくのである。

概要編集

大映のテレビ映画製作部門からの発展会社であった大映テレビと同じ、旧大映の京都撮影所のスタッフが作った映像京都が、タッグを組んだ作品である。

キャスト編集

  • 剣 条之介 … 村野武範
    一刀流の使い手で、馬術の心得もある若い浪人。御隠居を出し抜いてやろうと考えたり、クライマックスの大立ち回りでの暴れっぷりなどエネルギッシュな所もあれば、国の行く末を憂えたり、ゲストヒロインに恋をして悲恋に終わり[3]、悲嘆にくれるところを見せることもある。仲間からは「条」「条さん」と呼ばれることが多い。
  • 九鬼 大紋 … 佐藤允
    流派は違うものの条之介と同じく一刀流の使い手である浪人。
    元はさる藩の剣術指南役であったが、その藩に起こった揉め事を解決するためにまだ幼い自分の子供を殺さざるを得なくなり、そのために武士の世界に愛想が尽きて浪人となった。
    そういう過去があるからか、難儀をしている子供を見ると何かと手を貸したくなり、また若い被害者が出ると激しい怒りを燃やす。また、結構博識である。
    酒をこよなく愛し、何かというと愛用のふくべに口をつけて酒を飲む仕種が見られる。
    仲間からは「紋さん」と呼ばれることが多い。
  • 玄庵 … 長門勇
    医者を生業とするが、望まぬ妊娠をしてしまった女たちのために違法行為である堕胎手術を秘かに引き受けてもいる。
    チームの参謀であると同時に拳法の達人で、立ち回りのときは腰に差した二丁の釵を使用する他、相手の武器を奪って使うこともある。
    仲間からは「藪庵」と呼ばれることが多く、「玄庵」という本名が登場する事は少ない。
  • 菊次 … 田村亮
    元は浅草の軽業師で今は博徒。軽業師時代に十八番であった手裏剣を仕込んだ花札投げで相手の喉笛や頸動脈を狙う殺し技を使うほか、匕首や髷に刺している簪で相手を倒すこともある。
    また、髪結いの技も体得していて、知り合いの芸人の髪を結ったりもしているようである。[4]
    その男っぷりから仲間から「御役者」というあだ名で呼ばれることもあり、そのため条之介同様ゲストヒロインとのロマンス[3]が描かれるエピソードも多い。
  • 流れ矢の仙三 … なべおさみ
    表の顔は花火師だが、掏摸をやっていた過去がある。身の軽さから探索を引き受けることが多い。立ち回りのときは火薬の知識を応用して作った爆弾で相手を蹴散らす。
  • 南美 … 渥美マリ(第1~17話)
    チームの紅一点。仙三とともに探索を引き受けることが多いが、その時は女であることを最大限に利用することが多い。[5]
    立ち回りのときは2連発式の短筒を使う。
    伊賀名張生まれのくノ一であることやその生い立ちが退場回となる17話で語られる。
    同じくくノ一だった母親と行きずりの行商人との間に産まれた私生児で、その母親も彼女が8歳のときに死んでしまい、それをきっかけに故郷を捨てた。
    その故郷における新式鉄砲密造の知らせを御隠居から聞き、真偽を確かめるために15年ぶりの故郷の土を踏むも、事件の首魁である幼友達、名張の源太の手にかかって命を落とす。そして、その亡骸は条之介たちの手によって葬られ、母親の側で永遠の眠りについた。
  • 朱実 … 夏純子(第17[6]~26話)
    南美と同じ伊賀名張のくノ一。
    名張に戻ってきた南美を鉄砲密造の探索目的であると警戒するも、非情になりきれずこの地を去るように警告。その後、自分たちが悪事に加担していることを悟り、助けられたこともあって南美に鉄砲密造工場の場所を明かす。
    事件解決後、名張を去る条之介たちについてそのまま江戸へ下り、なし崩し的に一員となる。
    くノ一だけに諜報活動はもとより、格闘戦に長けている。右手首に鈴を紐で結わえ付けてあるのだが、この中に細身の刃物が縮めて仕込んであり、立ち回りのときにはこれを伸ばして相手の急所を刺す。

  • お蔦 … 野際陽子
    小料理屋「蔦の家」の女将だが、実は跡部配下の隠密[7]。跡部に変わって任務の依頼をしたり、補足的な指令を伝える連絡係を務めることもある。
  • 炎 竜軒 … 丹波哲郎(第7話から準レギュラー)
    高島流砲術を使う砲術師で、愛用の小型大砲を背負い、仕官先を探しながら全国を旅している。酒好きのせいか大紋とは気が合うらしい。豪放磊落な性格で、失敗談を語っては「慙愧、慙愧」というのが口癖。
  • 跡部 和泉守 … 山村聰
    条之介たち「狼」の雇い主。彼らの前には裕福な町人の隠居風の身なりで現れるので、条之介たちは「御隠居」と呼んでいる。
    正体はこの世の不正に厳しく目を光らせる大目付。そのため敵も多いようで、1話では浪人風の刺客に襲われたこともある。
    条之介たちには全幅の信頼を寄せているようで、彼らの暴走も大目に見ているようである。[8]

主題歌編集

スタッフ編集

  • 企画:太田昭和(第1~6、8話)、細井保伯(第7、9~26話)、西岡善信(第18~26話)(映像京都)
  • プロデューサー:青木民男(毎日放送)、柳田博美(大映テレビ)、徳田良雄(映像京都)
  • 脚本:中村努、八尋大和、高岩肇、浅井昭三郎、服部佳笠原良三ほか
  • 撮影:森田富士郎、藤井秀男
  • 美術:西岡善信、内藤昭
  • 音楽:山下毅雄
  • 主題歌:「狼のバラード」
  • 殺陣:美山晋八
  • 特技:宍戸大全JAC
  • ナレーター:芥川隆行
  • 監督:池広一夫、大洲齊、國原俊明、安田公義三隅研次黒田義之森一生、太田昭和、南野梅雄
  • タイトルバック演出:市川崑
  • 制作:毎日放送、映像京都、大映テレビ[9]

放映リスト(脚本 監督 ゲスト)編集

  1. 第01話 1973年10月05日 裏切りの報酬 (脚本)中村努 (監督)池広一夫 (ゲスト)南原宏治 藤岡重慶 上野山功一 伊達三郎
  2. 第02話 1973年10月12日 女狩り秘聞 (脚本)八尋大和 (監督)大洲斉 (ゲスト)川辺久造 近藤宏 江幡高志 志摩みずえ
  3. 第03話 1973年10月19日 将軍爆破計画 (脚本)高岩肇 (監督)国原俊明 (ゲスト)佐藤慶 菅貫太郎 原聖四郎 花岡秀樹
  4. 第04話 1973年10月26日 地獄の罠 (脚本)浅井昭三郎 (監督)安田公義 (ゲスト)中村敦夫 五木ひろし 殿山泰司 稲野和子
  5. 第05話 1973年11月02日 怪猫呪いの大井戸 (脚本)浅井昭三郎 (監督)三隅研次 (ゲスト)岸田森 山岡徹也 石山律 佐藤友美
  6. 第06話 1973年11月09日 舞姫無惨 (脚本)生田直親 (監督)黒田義之 (ゲスト)高樹蓉子 須賀不二男 有吉ひとみ 相川圭子
  7. 第07話 1973年11月16日 鬼ヶ峠のつむじ風 (脚本)浅井昭三郎 永原秀一 (監督)森一生 (ゲスト)丹波哲郎 麻田ルミ 須藤健 弓恵子
  8. 第08話 1973年11月23日 恐怖の夜叉面 (脚本)生田直親 (監督)森一生 (ゲスト)音無美紀子 河原崎建三 鈴木瑞穂 織本順吉
  9. 第09話 1973年11月30日 闇の魔王を消せ (脚本)中村努 (監督)森一生 (ゲスト)勝新太郎 相川圭子 高毬子 志賀勝
  10. 第10話 1973年12月07日 ほえろ!大砲 (脚本)直居欽哉 原田順夫 (監督)国原俊明 (ゲスト)丹波哲郎 戸浦六宏 森川千恵子 小林勝彦
  11. 第11話 1973年12月14日 (秘)浮世絵地獄 (脚本)八尋大和 (監督)大洲斉 (ゲスト)本田みちこ 笠原玲子 山本麟一 内田勝正 山下洵一郎
  12. 第12話 1973年12月21日 大江戸の鷹 (脚本)服部佳 (監督)安田公義 (ゲスト)丘みつ子 花沢徳衛 穂積隆信 司美智子 千波丈太郎
  13. 第13話 1973年12月28日 黄金の洞穴 (脚本)笠原良三 (監督)大洲斉 (ゲスト)宍戸錠 司美智子 北町史朗 杉山俊夫
  14. 第14話 1974年01月04日 くりから峠の決闘 (脚本)中村努 (監督)森一生 (ゲスト)丹波哲郎 松尾嘉代 浜田雄史 大杉雄二
  15. 第15話 1974年01月11日 異聞女人の館 (脚本)鈴木生朗 (監督)黒田義之 (ゲスト)天本英世 水上竜子 相川圭子 高樹蓉子 潤ますみ 中島葵
  16. 第16話 1974年01月18日 紅蜘蛛の復讐 (脚本)荒木芳久 中村努 (監督)安田公義 (ゲスト)京春上 見明凡太朗 藤岡重慶 木村元
  17. 第17話 1974年01月25日 くノ一故郷に死す (脚本)服部佳 (監督)池広一夫 (ゲスト)睦五郎 亀石征一郎 岩田直二 津島道子
  18. 第18話 1974年02月01日 大奥地獄花 (脚本)石森史郎 (監督)黒田義之 (ゲスト)加藤嘉 川合伸旺 高樹蓉子 長谷川弘
  19. 第19話 1974年02月08日 (秘)くノ一養成学校 (脚本)八尋大和 (監督)黒田義之 (ゲスト)長谷川待子 原良子 川崎あかね 石橋蓮司
  20. 第20話 1974年02月15日 血ぬられた発禁本 (脚本)鈴木生朗 (監督)池広一夫 (ゲスト)藤巻潤 鹿沼エリ 伊吹新吾 八代郷子
  21. 第21話 1974年02月22日 獄門台の花嫁 (脚本)八尋大和 (監督)太田昭和 (ゲスト)服部妙子 林ゆたか 戸浦六宏 江幡高志
  22. 第22話 1974年03月01日 (秘)殺しの手順 (脚本)山田隆之 (監督)大洲斉 (ゲスト)倉野章子 市毛良枝 小林昭二 須賀不二男
  23. 第23話 1974年03月08日 生き人形献上 (脚本)石森史郎 (監督)黒田義之 (ゲスト)田口計 神田隆 上野山功一 日吉としやす
  24. 第24話 1974年03月15日 奥医師(秘)物語 (脚本)八尋大和 (監督)森一生 (ゲスト)山下洵一郎 真山知子 宮口二郎 秋元京子
  25. 第25話 1974年03月22日 花嫁連続殺人鬼 (脚本)石森史郎 (監督)南野梅雄 (ゲスト)三浦真弓 中尾彬 太田美緒 五味龍太郎
  26. 第26話 1974年03月29日 (秘)指令 狼を殺せ! (脚本)山田隆之 (監督)大洲斉 (ゲスト)鈴木瑞穂 小林勝彦 北林早苗 池田幸路

放映ネット局編集

※は遅れネット

ソフト化情報編集

2004年1月よりキングレコードからDVDが発売された(全7枚、DVD-BOXはなし)。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ もっとも、当時はNETテレビ系列フルネット局が少なかったため、他系列とのクロスネット局や系列外局(フジテレビ系や、現在MBSが属するTBS系など)での放送となる例も多かった。特に、広島県では広島ホームテレビがNETテレビ系列単独加盟局として開局していながら、系列外(TBS系列)の中国放送で放送された。
  2. ^ この呼称はシリーズ前半では全く用いられず、むしろ後半になって積極的に用いられるようになった
  3. ^ a b 条之介の場合はヒロインが非業の死を遂げ、菊次の場合は生き残ることが多い
  4. ^ 11話で標的に近づくために髪結床の職人に化けたのだが、怪しんだ標的が探りを入れたところ、雇い主の親方曰く「腕はしっかりしている」そうである。
  5. ^ 専ら芸者に化けて標的に近づき、色仕掛けで篭絡する事が多い。変わった例は4話で、関所を破るために大紋と一芝居打ち、大紋に掏摸の嫌疑をかけさせ身の潔白を証明すると称して関所役人の前で素っ裸になり、役人が困惑して調べが疎かになるどさくさに紛れて他のメンバーに関所を通過させた。
  6. ^ なお、初登場回の17話はゲスト扱い。
  7. ^ ただし、どこかに潜入して探索をするのではなく、庶民たちの生の声を集めるのが任務のようである。
  8. ^ 1話ではその暴走を織り込んで指令を出しているようでもあった。
  9. ^ 「大映テレビ」はノンクレジット
NET 金曜21時台(当時はMBSの制作枠。一部地域を除く)
前番組 番組名 次番組
狼・無頼控