猟人日記』(りょうじんにっき、: Записки охотника[1])は、1847年から1851年に雑誌『同時代人』に発表されたツルゲーネフによる全22編の短編小説集。1852年に刊行後、3編を追加し1880年に再刊。

帝政ロシアの美しい自然描写を背景にして、悲惨な農奴の生活を写実的に描き出した。皇太子時代のアレクサンドル2世は、この作を読んで大きな影響を受け、皇位継承後に農奴制廃止を決断する切っ掛けの一つとなった。

この中の1編は二葉亭四迷により「あひゞき」(1888年、『国民文学』に発表)と訳され、言文一致の名訳として知られる。

日本語訳編集

脚注編集

  1. ^ ロシア語及び英語圏では "A Sportsman's Sketches"(スポーツマンの日記)の呼称で知られる。日本語、ドイツ語、フランス語などでは "Sketches from a Hunter's Album"(猟人の日記)と訳されている。

外部リンク編集