メインメニューを開く

猪股 洋文(いのまた ひろぶみ、1952年3月28日 - )は、日本政治家宮城県加美郡加美町長(3期)。

猪股 洋文
いのまた ひろぶみ
生年月日 (1952-03-28) 1952年3月28日(67歳)
出生地 宮城県加美郡中新田町(現・加美町
出身校 ユタ大学政治学部
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2011年8月28日[1] - 現職
テンプレートを表示

人物編集

宮城県加美郡中新田町(現・加美町)出身。宮城県古川高等学校ユタ大学政治学部卒業。宮城県庁に奉職。県職員時代、2年8か月、韓国のソウルに駐在した[2]

2007年の加美町長選挙に宮城県職員を退職して出馬。新人5名中2位得票となるものの、1位だった佐藤澄男が法定得票を満たさなかったため、再選挙となり、最下位得票だった1名を除く4名が再出馬する中で、佐藤にわずかな差で敗れ落選。その後、社会福祉法人の役員となる。

2011年の町長選挙に出馬し、現職の佐藤を下して初当選。

2015年の町長選挙に出馬し、無投票で再選。

2019年の町長選挙に出馬し、無所属新人の吉田恵を下して当選[3]

脚注編集

外部リンク編集