メインメニューを開く

猪苗代氏(いなわしろし)は、桓武平氏三浦氏の流れを汲む日本武家氏族蘆名氏の支流。

猪苗代氏
家紋
みつひき
三つ引
本姓 桓武平氏三浦氏流蘆名支流
家祖 猪苗代経連
種別 武家
主な根拠地 陸奥国耶麻郡猪苗代
凡例 / Category:日本の氏族



概要編集

三浦氏の一族の佐原氏佐原盛連の長子で蘆名光盛(蘆名氏の祖)の兄・猪苗代経連鎌倉時代中期に陸奥国耶麻郡猪苗代を本貫とし、猪苗代氏を称したのを始まりとする。本家の蘆名氏からは独立の傾向が強く、室町時代から戦国時代にかけて、たびたび合戦をしている。猪苗代経元の代で後継がなく、蘆名氏から養子として盛清を迎えている。

猪苗代盛清の子・猪苗代盛国は、隠居した後に家督を再奪取した上で伊達政宗に通じ、蘆名氏の衰退を見てついに政宗に寝返り、摺上原の戦いで活躍した。盛国の子・盛胤廃嫡された後は父と敵対し蘆名氏の味方をしたとされる。伊達政宗は小田原征伐参陣の後、一部領地替えとなり、猪苗代氏の領地も替えられる。幕末まで仙台藩士として伊達家に仕える。野口英世の父「佐代助」の実家「小桧山家」は子孫に当たるため、野口英世は猪苗代氏の子孫である[1]

猪苗代氏の人物編集

系譜編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集