メインメニューを開く

猪高村(いたかむら)は、愛知県愛知郡にあった1906年5月に猪子石村高社村が合併し猪高村となった[2]。村名は、猪子石村と高社村の一文字ずつ取った合成地名である。当時は丘陵地のためため池も多く、産業は農業を中心に養蚕や葉たばこの耕作、亜炭の産出が行われていた。1955年名古屋市千種区に編入された。現在は名東区と一部[注釈 1]千種区になっている。

いたかむら
猪高村
廃止日 1955年4月5日
廃止理由 編入合併
猪高村→名古屋市
現在の自治体 名古屋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
愛知郡
団体コード 廃止時制度なし
面積 20.24km2.
総人口 7,550
(1950年10月1日[1]
猪高村役場
所在地 愛知県愛知郡猪高村上社字丁田78-2[1]
 表示 ウィキプロジェクト

目次

歴史編集

沿革編集

  • 1889年明治22年) - 猪子石村・藤森村・猪子石原村が合併し猪子石村となる[3]。高針村・一社村・上社村が合併し高社村となる[3]
  • 1906年(明治39年)5月10日 - 猪子石村と高社村が合併し猪高村となる[4]。村役場については、大字一社1900番、1901番、1902番に置かれた[5]村役場は上社の観音寺西堂を借用[要出典]
  • 1914年(大正3年) - 村役場が上社字丁田に作られる。
  • 1947年(昭和22年) - 猪高中学校設置。
  • 1955年(昭和30年)4月5日 - 名古屋市千種区に編入。合併時の人口は8519人。

人口の変遷編集

猪高村域に相当する地域の人口

1912年(大正元年) 4,267人[6]
1916年(大正5年) 5,044人[6]
1917年(大正9年) 4,852人[6]
1950年(昭和25年) 7,550人[1]

警察編集

警察の出先機関として、村内には鍋屋町警察署猪高村一社駐在所(字一社)と同警察署猪高村猪子石駐在所(大字猪子石)の2駐在所が設置されていた[7]

猪高村に関する資料 編集

  • 猪高村誌 - いくつかのバージョンがあるが、大きく分けて、新・旧の2つがある。
  • のびゆく 名東区 - 名東区の誕生5年を記念して発刊された。
  • 名東区制20周年記念誌 - 名東区の誕生20年を記念して発刊された。
  • 猪子石今昔 - 猪高村猪子石地区についての詳しい記述。
  • 矢田川物語 - 一部猪高村猪子石原地区についての記述。
  • 香流川物語 - 猪高村香流川流域についての詳しい記述。
  • 千種村物語 - 猪高村猪子石地区西部についての記述。
  • 猪高村物語 - 猪高村全域についての詳しい記述。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 当時の宮根学区は地元の希望で千種区に残留。

出典編集

参考文献編集

  • 『尾張国愛知郡誌』愛知郡役所、愛知郡役所、1923年2月28日(日本語)。NDLJP:978638
  • 『愛知県郡市町村勢要覧』愛知県総務部統計課、愛知県統計協会、1951年(日本語)。


関連項目編集