メインメニューを開く

猫は抱くもの』(ねこはだくもの)は、大山淳子による日本の連作短編小説集。キノブックスより2015年4月18日に刊行された。ロシアンブルーの良男と沙織、三毛猫キイロと絵描きのゴッホ、子猫と少女など、個性豊かな猫と人間が織りなす絆を描く[1]

猫は抱くもの
著者 大山淳子
発行日 2015年4月18日
発行元 キノブックス
ジャンル 小説
連作短編集
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 B6判
ページ数 255
公式サイト kinobooks.jp/lp/neko/
コード ISBN 978-4-908059-12-4
ISBN 978-4-908059-98-8文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

及びそれを原作とした映画作品である。犬童一心監督、沢尻エリカ主演より2018年に映画化された[2]

概要編集

作者の大山淳子が住む東京都東久留米市が物語の舞台のモデルとなっており、「青目川」も黒目川にちなんでつけられた[3]

収録作品編集

  • 良男と沙織
  • キイロとゴッホ
  • 哲学者
  • それぞれのクリスマス
  • ルノワール

あらすじ編集

東京郊外を流れる美しい青目川に架けられた「ねこすて橋」。そこでは、夜になるとさまざまな境遇を持った猫たちが集会を開いている。あるとき、美しいロシアンブルーの良男が足を滑らせ流されてくる。良男は自分の事を人間で沙織の恋人だと思い込んでいて、沙織のもとに帰ろうとするが…。

登場人物編集

書籍情報編集

映画編集

猫は抱くもの
監督 犬童一心
脚本 高田亮
原作 大山淳子
製作総指揮 木下直哉
出演者 沢尻エリカ
吉沢亮
峯田和伸
コムアイ水曜日のカンパネラ
岩松了
音楽 水曜日のカンパネラ
撮影 清久素延
編集 上野聡一
制作会社 ADKアーツ
製作会社 キノフィルムズ
木下グループ
配給 キノフィルムズ
木下グループ
公開   2018年6月23日
上映時間 109分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2018年6月23日公開。犬童一心監督。主演は沢尻エリカで、『ヘルタースケルター』以来6年ぶりの映画主演となる[2]。猫たちは擬人化して演じられ、水曜日のカンパネラが初めて劇伴を手がける[4]

キャッチコピーは『自分を人間だと思い込む猫が、彼女に恋をした…[5]

第21回上海国際映画祭の長編劇映画コンペティション部門に選出された[6]

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集