メインメニューを開く

猫尾城(ねこおじょう)は福岡県八女市に存在した山城。福岡県指定史跡[1]

logo
猫尾城
福岡県
別名 黒木城
築城主 源助能
築城年 12世紀
主な城主 黒木氏辻重勝
廃城年 元和元年(1615年
指定文化財史跡
位置 北緯33度13分00.1秒
東経130度40分55.0秒
地図
猫尾城の位置(福岡県内)
猫尾城
猫尾城

目次

立地・構造編集

矢部川笠原川の合流点の東側、半島状に突出する標高240.1メートルの猫尾山頂にあった。本丸は南北・東西の長さがそれぞれ約56メートルおよび28メートルで周囲に犬走りが設けられ、東西と建物部分には石垣、南北には土塁が築かれていた。また本丸の西には南北18メートル、東西40メートルの馬場を挟み、約30メートル四方の二の丸があった。反対側の本丸東には空掘を挟んで三の丸が設けられた。また、追手門の北側と本丸の南東・北東隅の3か所にがあった。城主・黒木氏の屋敷は西側の矢部川と笠原川に挟まれた場所にあり、土塁によって二の丸と繋がっていた。

歴史編集

根占城主であった源助能12世紀末に築いたとされる。助能の子・黒木定善は黒木荘を領し、これ以降黒木氏は代々猫尾城を本拠とした。建武3年3月8日1336年4月27日)に足利尊氏上野頼兼の旗下に入るよう荒木家有らに命じ、黒木城にいる南朝方の菊池武敏を攻撃させた。これによって当城は落城し、3月17日5月6日)に頼兼の軍勢によって破却されている。当城はその後再建され、応安7年11月15日1374年12月26日)には今川義範らの攻撃を受けて翌日に降参した。

天正12年(1584年)に大友義統筑後へ反攻し、龍造寺氏についていた黒木実久の守る当城も攻囲された。7月20日8月25日)には水源を止められ兵粮にも事欠く状態となったが、龍造寺氏の援将・土肥家実馬場信貞の奮戦もあって戦況は膠着した。このため立花道雪らが8月19日9月23日)に攻城に加わり、9月1日10月4日)に陥落した。慶長6年(1601年)に筑後に移封された田中吉政は、当城に辻重勝城番として置き、3,605石を領知させている。元和元年(1615年)の一国一城令により廃城になったものと思われる。

1983年(昭和58年)に福岡県史跡に指定され、跡地には遊歩道や休憩所などが設置されている。

脚注編集

  1. ^ 「猫尾城跡」八女市公式HP

参考文献編集

関連項目編集