メインメニューを開く

献体(けんたい)とは、医学および歯学の発展のため、また、力量の高い医師歯科医師を社会へ送りだすために、死後に自分の肉体(遺体)を解剖学の実習用教材となる事を約し、遺族が故人の意思に沿って医学部歯学部の解剖学教室などに提供することである。

目次

概要編集

人体の解剖には、大きく分けて次のような3種類がある。

  • 人体の構造をしらべるための解剖(正常解剖)
  • 死後、すぐ病変をしらべるための解剖(病理解剖
  • 変死体の死因をしらべるための解剖(法医解剖または司法解剖行政解剖

献体に直接関係があるのは正常解剖であり、医学教育の最初期に履修する「解剖学実習」がこれに該当する。亡くなった直後に病院で行う病理解剖とは違い、正常解剖は、医学・歯学系大学の解剖学教室で行われる[1]

現在、医学部医学科および歯学部歯学科のカリキュラムには、遺体解剖実習が必ず組み込まれている。文部科学省の指針としては、医学部生2人に対して1体、歯学部生4人に対して1体というものがある。また、最近では看護師理学療法士歯科衛生士などのコ・メディカル社会福祉士介護福祉士などの福祉職を目指す学生を解剖実習(見学実習)に参加させる大学や専門学校が増えている。中には作業療法士臨床検査技師の養成課程で、見学ではなく実際に解剖の実習を行う大学も一部にある(北海道大学医学部保健学科など)。

遺体解剖実習への献体を希望する人々の団体として、白菊会不老会などがある。現代では献体の希望者が多いため確保には苦慮していないが、1960年代頃には引き取り手のいない死刑囚の遺体が利用されていた[2]

登録者数は1970年代半ばまで1万人台にすぎなかったが、2007年には21万人を突破している[3]

今日の日本では、献体を用いての技能向上トレーニングは認められていない。そのため海外で訓練したり、解剖学的に人体と構造が似通っているで訓練したりしている。また献体とは別に、死後に身体の一部を移植医療や医学研究に提供することを申し出る仕組みもある。後者の例では、脳を認知症など神経疾患の解明に役立てるブレインバンク(献脳)があるが、献体と同時に生前登録することはできない[4]

歴史編集

献体した著名人編集

※日本の人物に限って記載しているわけではない(資料が無いため、結果的に日本に限った記述となっている)。日本以外の国・地域の人物で該当者が分かれば、特筆性の高さを判断した上で記載する。
※死亡時の日付に元号を添えているのは、日本関連の人物である。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 「1869年(明治2年)8月12日」とする資料や、「明治2年(1869)8月」とする資料などがあるが、旧暦新暦日付が合わない時代の年月日表記で新旧を混用している時点で、これらは明らかに間違った日付である。「新暦の1869年8月12日」が正しい日付であるなら、旧暦では「明治2年7月5日」になる(「明治2年8月」が正しい場合は、これとは全く違う日、すなわち、新暦1869年の9月6日から10月4日までの間のいつかになる)。混用する時点で元の資料の信頼性が低いため、疑問符を添えた。
  2. ^ 篤志献体(別字で「特志献体」とも)とは、本人が生前に意志を明示した上での献体。

出典編集

  1. ^ “献体とは”. (2010年8月1日). http://www.kentai.or.jp/what/01whatskentai.html 2015年7月12日閲覧。 
  2. ^ 東北大学医学部入学直後、「M検」で全裸に◆Vol.8|医療維新 - m3.comの医療コラム
  3. ^ “男の美学?「献体」増加のなぜ?”. (2010年8月1日). http://www.e-ohaka.com/kakinokizaka/column/48.html 2014年8月14日閲覧。 
  4. ^ ご登録について(NCNPブレインバンク)
  5. ^ 「明治2年8月14日」とする資料、「1869年8月14日」とする資料、「1870年(明治3年)10月27日」とする資料があり、いずれか1つが正しい、もしくは、3つとも間違っている。死亡日を新暦の8月12日とする場合は、8月14日のほかに考えられない。
  6. ^ 八幡和郎 『最終解答 日本近現代史: 幕末から平成までの歴史論争を一刀両断』

参考文献編集

  • 神谷敏郎「献体の壁-二一世紀におけるわが国の篤志献体のゆくえ」、『UP』第33巻第5号(通巻第379号)、2004年5月。
  • 日本解剖学会第2代解剖体委員会企画・編纂『わが国の献体』、日本解剖学会、1984年6月。
  • 坂井 建雄 『献体―遺体を捧げる現場で何が行われているのか』 技術評論社〈tanQブックス〉、2011年6月。ISBN 978-4774146997

関連項目編集

外部リンク編集