献侯(けんこう、生年不詳 - 紀元前409年)は、戦国時代氏の当主。趙献子とも。名は浣。代成君の子。

献侯 趙浣
王朝
在位期間 前425年前424年 - 前409年
姓・諱 趙浣
諡号 献侯
没年 紀元前409年
代成君

生涯編集

大叔父の趙襄子に太子として立てられた。

紀元前425年、趙襄子が死去すると、献侯が若くして即位して、中牟に都を置いた。しかし、趙襄子の弟[1]趙桓子が献侯を追放して、代で自ら即位した。

紀元前424年、趙桓子が死去すると、趙の国人たちは趙桓子の子と兄弟を殺害して浣を迎えた。

紀元前411年、平邑に築城した。

紀元前409年、死去した。趙献子と諡された。子の烈侯が侯を称すると、献侯と追諡された。

脚注編集

  1. ^ 史記』趙世家の注釈である『史記索隠』および『世本八種』によると、趙桓子は趙襄子の子とする。

参考文献編集

先代:
趙桓子
氏当主
前425年、前424年 - 前409年
次代:
烈侯