献公(けんこう、? - 紀元前651年)は、中国春秋時代の君主(在位:紀元前676年 - 紀元前651年)。詭諸武公の子。中国語版等の国を攻め滅ぼし、「十七の国を併呑し、三十八の国を服属させた」とある。

献公 姫詭諸
19代
王朝
在位期間 紀元前676年 - 紀元前651年
姓・諱 姫詭諸
諡号
生年 不明
没年 紀元前651年
武公
后妃
  • 申生中国語版
  • 文公 重耳
  • 恵公 夷吾
  • 奚斉
  • 卓子
  • 穆姫
  • 生涯編集

    太子として、父の武公の晋再統一戦で活躍した。即位してからは、謀臣で大夫士蔿の献策のもとで、宗家の威勢を脅かし始めた桓叔荘伯を祖とする公族[注 1]を滅ぼして宗家の権威を確立し、晋を隆盛させる契機となった。この功により士蔿を大司空に任命した。献公9年、に攻め込まれた。これは、滅亡させた晋の本家の公子たちが虢へ亡命し、訴願したことによる。献公は虢を攻めようとしたが士蔿の諫言を容れ止めた。献公16年、軍を増やして二軍とし、献公自身が上軍の将となり、太子申生中国語版(共太子)を下軍の将に、献公の御者に趙夙、車右を畢万として、周辺諸国の小国を攻め滅ぼし、耿を趙夙に魏を畢万にあたえた。献公17年、申生に命じて東山氏を伐たせた。これで近隣の平定を終えたと見た献公は、献公19年、虢を誅つために荀息に遣わせて道を借りた(仮道伐虢)。この虢攻略には3年かかったが、ついに攻め滅ぼした。帰還の途中に虞も滅ぼして併呑し、領土を拡大させた。

    しかし、晩年は愛妾の驪姫(異民族の驪戎の娘)の讒言を信じ、太子申生を殺し、公子重耳(後の文公)・公子夷吾(後の恵公)などを遠ざけたために、晋は大きく混乱した。これを『驪姫の乱中国語版』と呼び、これ以後晋は太子以外の公子を国外に出す伝統を守り、このため公族の力が非常に弱くなっていった。

    家庭編集

    父親:

    兄弟:

    妃:

    子女:

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    注釈編集

    1. ^ 辺境の食邑から動かなかった韓氏を除く。

    脚注編集

    献公

    不明 - 紀元前651年

    先代:
    武公
    の君主(
    紀元前676年 - 紀元前651年
    次代:
    奚斉