獄門

江戸時代に庶民に科されていた6種類の死刑の一つ

獄門(ごくもん)とは、江戸時代に庶民に科されていた6種類の死刑の一つ。

概要編集

斬首刑の後、死体を試し斬りにし、刎ねた首を台に載せて3日間(2晩)見せしめとして晒しものにする公開処刑刑罰梟首(きょうしゅ)、晒し首ともいう。付加刑として財産は没収され、死体の埋葬や弔いも許されなかった。

こうした刑罰は平安時代後期から存在し、平安京の左右にあった獄の門前に斬首された罪人を晒した事が「獄門」の語源であると言われている。また当時は斬首した首をただ晒すだけでなく、で貫いて京中の大路を練り歩くことも行われたという。以後も同様の刑罰は存在したが、本格的に刑法体系に取り入れたのは江戸幕府であったとされている。

獄門の刑罰を科される犯罪は、強盗殺人、主人の親類の殺害、地主家主の殺害、偽のの製造などであった。また獄門に市中引き回しが付与されることもあった(市中引き回しの上打首獄門)。

明治時代に至っても初期には梟示きょうじ)と名を改めて引き続き行われていた。1871年明治4年)、明治政府を激しく批判していた旧・米沢藩士雲井龍雄や、1874年明治7年)佐賀の乱の首謀者の一人である前・参議司法卿江藤新平への処刑が有名である。1879年(明治12年)の明治12年太政官布告第1号により廃止された。なお、斬首は1882年(明治15年)1月1日に施行された旧・刑法により廃止されるまで残る(梟首を伴わない斬首が最後に行われたのは、少なくとも当時の法に適法であった状態では、1881年(明治14年)7月27日市ヶ谷監獄にて強盗目的で一家4人を殺害した岩尾竹次郎川口国蔵の2人の死刑執行が日本法制史上最後の斬首刑であると共に、山田浅右衛門による最後の斬首刑である[1]。また、事実であるか定かではないが、旧・刑法施行後の1886年(明治19年)12月に「青森の亭主殺し」事件の加害者である小山内スミと小野長之助の公開斬首刑が青森県弘前市青森監獄前で行われたのが、最後であるとも言われている。このことが事実である場合、この2人の死刑執行は事実上の斬首刑の最後であると共に、官憲による日本国内における一般刑法犯に対する最後の非合法(当時の旧・刑法では、非公開絞首刑のみ。)の死刑執行かつ公開処刑であると言わざる得なくなる[2]

「梟首」の由来編集

中国では、(ふくろう)は親鳥を殺して食べる鳥と信じられており、親不孝、不義の象徴と見られていた。そのため、梟を殺して、斬首し、に吊るすという習俗があった[3]。また、「梟」という漢字も、「木に吊るされる鳥」を表している[3]。転じて、首を斬ること、首を晒すことを「梟首」と呼ぶようになった。

獄門台編集

首を晒す台を獄門台といい、高さ6尺(下部を土に埋めるので実際には4(1.2メートル))の台に五寸釘を二本下から打ち、ここに首を差し込んで周りを粘土で固める。は首が盗まれたり野犬の類が持っていかないようを被せ、数名の非人が火を焚いて寝ずの番をした。獄門台の横には罪状を書いた捨札(すてふだ)が立てられた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 山下 恒夫 『明治東京犯罪暦 明治元年~明治23年』 東京法経学院出版、1988年4月1日、148 - 155頁。ISBN 4-8089-4438-3NCID BN02158260 
  2. ^ 手塚 豊 『刑罰と国家権力  国家的刑罰権と非国家的刑罰権――明治前期の場合に関する一未定稿』 法制史学会、1960年4月、182 - 185頁。doi:10.11501/2527269NCID BN0366777X 
  3. ^ a b 関・野口、88頁

参考文献編集

関連項目編集