獅子のごとく』(ししのごとく)は、1978年8月21日TBS系列で放送された3時間テレビドラマ。森鷗外を主人公として、江守徹が主演した作品。

概要編集

  • 1970年代は、明治の元勲を主役としたドラマがいくつか作られたが、この作品は同様の流れのうちの一作。軍人(医官)として、また作家として生きた森鷗外を主役に据えている。鷗外の小説『舞姫』に関するエピソードや、彼自身が直面した心の赴くままに生活出来ない家庭人としての苦悩、乃木希典夫妻との交流、乃木夫妻の明治天皇に対する殉死のさまを織り交ぜ、自分のアイデンティティと向き合い、明治から大正を駆け抜けて生きたひとりの文豪の生涯を精細に描いたものでもある。
  • のちビデオ化され、佐々木守によるノベライゼーションも刊行された(1978年8月、集英社より『獅子のごとく』として刊行)。
  • 1980年のNHK大河ドラマが『獅子の時代』(山田太一作)で、どちらにもタイトルに獅子が付くが、大河ドラマは幕末維新から自由民権時代を舞台にしたもので、全く内容は異なる。

スタッフ編集

キャスト編集

主題歌編集

参考編集

  • 『獅子のごとく』ビデオ

外部リンク編集