獅子王たちの夏』(じしおうたちのなつ)は、1991年公開の日本映画。1991年1月12日公開。108分。

獅子王たちの夏
監督 高橋伴明
脚本 金子正次
西岡琢也
製作 元村武
大谷晴通
出演者 哀川翔
的場浩司
香坂みゆき
そのまんま東
風見しんご
白竜
中西良太
田中明夫
菅田俊
吉澤健
音楽 YONO
撮影 三好和宏
編集 菊池純一
製作会社 Gカンパニー
東亜興行
配給 東映
公開 1991年1月12日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

獅子座生まれの2人のヤクザの生きざまを描いたもの。

脚本家・俳優の金子正次が、監督の高橋伴明からの依頼で書いたシナリオであり、金子の死後実現した企画である[1]。高橋伴明によって映画化の準備が進められていると最初に報道されたのは1984年の夏だった[2]

映画化においては西岡琢也がリライトしており、舞台を原作の京都から首都圏に変更している。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 「獅子王たちの夏」オリジナルサウンドトラック(テイチクレコード・コンチネンタルレーベル)のライナーノーツより
  2. ^ 「CINE・RANDOM」『プレイガイドジャーナル』1984年8月号、プレイガイドジャーナル社、 25頁。

関連項目編集

外部リンク編集