獨協大学

日本の私立大学

獨協大学(どっきょうだいがく、英語: Dokkyo University)は、埼玉県草加市学園町1番1号に本部を置く日本私立大学1883年創立、1964年大学設置。

獨協大学
獨協大学東棟(2013年)
地図
獨協大学の位置(埼玉県内)
獨協大学
獨協大学 (埼玉県)
獨協大学の位置(日本内)
獨協大学
獨協大学 (日本)
大学設置 1964年
創立 1883年
学校種別 私立
設置者 学校法人獨協学園
本部所在地 埼玉県草加市学園町1番1号
北緯35度50分23.5秒 東経139度47分39.6秒 / 北緯35.839861度 東経139.794333度 / 35.839861; 139.794333座標: 北緯35度50分23.5秒 東経139度47分39.6秒 / 北緯35.839861度 東経139.794333度 / 35.839861; 139.794333
キャンパス 学園町(埼玉県草加市)
学部 外国語学部
国際教養学部
経済学部
法学部
研究科 外国語学研究科
経済学研究科
法学研究科
ウェブサイト https://www.dokkyo.ac.jp/
テンプレートを表示

概観 編集

 
建学の碑。天野貞祐により掲げられた理念が刻まれ、開学時に入魂式が行われた。
 
イメージキャラクターを務めるMaus

大学全体 編集

獨協大学は、1883年(明治16年)に創立された獨逸学協会学校を起源に持つ大学である。1964年天野貞祐を初代学長に迎え、大学が設置された。外国語学部経済学部法学部国際教養学部の4学部11学科、大学院3研究科を置く。

学風および特色 編集

以下3領域を柱とした人文社会科学系の教育研究が中心である[3]

1. 語学教育 編集

獨逸学協会学校から一貫して「語学教育を軸としたグローバル人材の育成」を教育目的としている[4][5]

2. リベラル・アーツ 編集

「全学共通カリキュラム(全カリ)」が整備されており、学際的教育が重視されている [17][18]

  • 全学部横断型のリベラル・アーツプログラムである。
    • 各学部の専門教育と同等な「サブメジャー」としての位置づけであり、全学生が学部・学科の枠を越えて、自分の好きな科目を選択して履修する。
    • 一つの学部相当以上の科目数が開講されており、各学部から専門科目が提供されており、他学部の専門分野を体系立てて学ぶことも出来る(外国語学部生が経済分野の科目を12単位分履修するなど)。
    • 「自分の専攻分野以外の知識やスキルの獲得」と「他学部・他学科の学生と一緒に学ぶことで、自分の専門分野とは異なる視点への気づき」を通じて、多面的なものの見方・価値基準を身につけることを目的としている。

3. 国際交流 編集

学則に「グローバル人材の育成」を目標として掲げ、教育における使命の一つとしている[19]

  • 国際化推進ビジョンを策定している[20][21]
    • 「①.外国語教育の充実を核とする国際的共学の場の創出」「②.学内の国際化[22]」「③.グローバル化した地域への貢献」「④.学生の海外留学の促進」を目的とし、英語で留学生とともに学ぶ科目の設置や、外国人教員の専任率の上昇に取り組んでいる。
  • グローバル教育[23]
  • 国際交流 & 留学支援
    • 留学生や海外経験者と異文化交流できる知的空間である「ICZ(International Communication Zone)」や、学内で開催されるイベントを通じて、日本人学生と外国人留学生の交流が行われている[29][10][11][12]
    • 世界各国の大学と学術交流協定を結んでおり、学生の留学支援を積極的に行っている。特にマンチェスター大学をはじめとする英語圏へ留学する学生は多い[30]
    • 外国語学部英語学科では、各年約 10 人の学生が参加する「香港プログラム[注釈 3]」を実施している[31]
    • 学生の自発的な意欲を後押しすることが大切と考えているため、各学部学科の課程において留学を必須にはしていない[30]

その他の特色 編集

1. アクティブ・ラーニング 編集

2. 地域社会 編集

3. 自然科学 編集

4. 人権宣言 & その他 編集

  • 獨協大学人権宣言』を表明している[63][64]
獨協大学人権宣言
  • 国や地域の法令、建学の理念、学則などの規範を遵守します。
  • すべての人間は生まれながらにして平等であるとの認識に立ち、人権を擁護し、多様性を尊重します。学生、教職員、その他関係者は、互いの尊厳を守ります。
  • 国籍性別宗教年齢障がいの有無性的指向性自認などによる偏見差別を許しません。人間の尊厳を損なう行為を決して放置せず、健全な教育研究環境と職場環境の整備を加速させます。
  • 学生、教職員、その他関係者が持つ多様性が創造的な教育研究成果を生み出す体制を整備します。
  • 地域との連携を深めながら、誰もが互いに人格と個性を認め合い、支え合う共生社会の構築に貢献します。
  • SDGs:埼玉県内の大学として初めて「埼玉県SDGsパートナー」への登録を完了し、以下を重点項目として取り組んでいる[65][66]
  • 沿革 編集

     
    創設者・初代学長の天野貞祐
     
    獨逸学協会会長・総裁の北白川宮能久親王

     

    • 1876年明治9年)3月 - 獨逸同学会発足。
    • 1881年(明治14年)9月 - 獨逸同学会を母体に、獨逸学協会を設立。
    • 1883年(明治16年)10月 - 獨逸学協会学校設立。いずれも3年制の初等科と高等科よりなる正則科を10月に、3年制の変則科を12月に設置。正則科はのちに5年制の普通科中学(現在の獨協中学校・高等学校の前身)に改組される。
    • 1885年(明治18年)7月 - 変則科を廃し、新たに2年制(のち3年制)の専修科法律・政治専攻を設置。法曹司法官僚の養成を目的とする専修科は当時、九大法律学校の一つに数えられた。
    • 1895年(明治28年)7月 - 専修科が帝国大学獨法科へ移管され廃止となる。獨逸学協会学校は、自由民権に対抗して君国日本を目指した保守派による創立の由来から、宮内省下賜金・文部省助成金・司法省補助金など多様な政府助成を受けたが、近代化、特に帝国議会開設は特権的庇護を許さず、1895年に専修科は廃止された[69]。なお、獨協大学はこの専修科を自校のルーツと位置付けている。
    • 1901年(明治34年)3月 - 各種学校として2年制の獨逸学協会学校獨逸語専修科を設置。翌月、獨逸学協会学校附属獨逸語専修学校に名称を変更[70]
    • 1924年大正13年)4月 - 学則の一部を変更し、獨逸語専修学校に英語科を併置[70]
    • 1930年昭和5年)- 金融恐慌昭和恐慌の影響を受け、在籍者数を大幅に減らした獨逸語専修学校が廃校[71]
    • 1964年(昭和39年)- 獨協大学設立。外国語学部ドイツ語学科・英語学科、経済学部経済学科設置。
    • 1966年(昭和41年)- 経済学部経営学科設置。
    • 1967年(昭和42年)- 法学部法律学科、外国語学部フランス語学科設置。
    • 1977年(昭和52年)- 大学院法学研究科修士課程設置。
    • 1986年(昭和61年)- 大学院外国語学研究科修士課程ドイツ語学・英語学専攻設置。
    • 1989年(昭和64年/平成元年)- 大学院法学研究科博士後期課程設置。
    • 1990年(平成2年)- 大学院外国語学研究科博士後期課程ドイツ語学・英語学専攻、大学院外国語学研究科博士前期課程フランス語学専攻、大学院経済学研究科修士課程設置。
    • 1992年(平成4年)- 大学院経済学研究科博士後期課程増設設置。
    • 1994年(平成6年)- 大学院外国語学研究科博士後期課程フランス語学専攻設置。
    • 1999年(平成11年)- 外国語学部言語文化学科、法学部国際関係法学科設置。
    • 2003年(平成15年)- 大学院外国語学研究科博士前期課程英語学専攻英語教育専修コース、大学院経済学研究科博士前期課程経済経営情報専攻情報専修コース設置。
    • 2004年(平成16年)- 大学院法務研究科設置
    • 2005年(平成17年)- 大学院外国語学研究科修士課程日本語教育専攻設置。
    • 2007年(平成19年)- 外国語学部言語文化学科を国際教養学部言語文化学科に改組。
    • 2008年(平成20年)- 法学部総合政策学科設置。
    • 2009年(平成21年)- 外国語学部交流文化学科設置。
    • 2013年(平成25年)- 経済学部に国際環境経済学科を開設。

    教育および研究 編集

    学部 編集

    外国語学部

    • ドイツ語学科
    • 英語学科
    • フランス語学科
    • 交流文化学科

    国際教養学部

    • 言語文化学科

    経済学部

    • 経済学科
    • 経営学科
    • 国際環境経済学科

    法学部

    • 法律学科
    • 国際関係法学科
    • 総合政策学科

    研究科 編集

    法学研究科博士前期課程博士後期課程

    • 法律学専攻

    外国語学研究科(博士前期課程・博士後期課程)

    • ドイツ語学専攻
    • 英語学専攻
    • フランス語学専攻
    • 日本語教育専攻 ※2020年閉鎖[72]

    経済学研究科(博士前期課程・博士後期課程)

    • 経済・経営情報専攻

    法務研究科専門職学位課程)※2015年以降募集停止[73]

    • 法曹実務専攻

    研究・研究機関 編集

    採択された教育プログラム 編集

    • 学士力育成に資するEGAP英語教育の充実[74](「大学教育・学生支援推進事業【テーマA】大学教育推進プログラム」において)
    • キャリアカウンセリングの強化と地域の協力を得た就職支援(文部科学省「平成21年度大学教育・学生支援推進事業(就職. 支援推進プログラム)」)

    大学関係者と組織 編集

    大学関係者組織 編集

    大学関係者一覧 編集

    獨協大学の人物一覧」を参照

    他大学との協定・系列校 編集

    他大学との協定[75]

    他大学院との協定[77]

    系列校
    本学の他、以下の学校は全て学校法人獨協学園の設置している大学・専修学校・高校・中学である。

    施設・キャンパス 編集

    所在地・周辺環境 編集

    最寄駅は「獨協大学前駅」(東武スカイツリーライン)である[82]

    大学用地獲得の歴史 編集

    当初の獨協学園は、国立村山療養所東京都武蔵村山市)にキャンパスを構えることを検討していたが、その土地が国有財産だったため取得が難しく、大学開学が行き詰まっていた。
    一方、東武鉄道は、東武沿線の宅地化&都心直結により「通勤路線化」を拡大していたが、その結果として、東京方面の電車ばかりが混雑する状況が発生していた。混雑緩和のために、折り返し電車を空の状態で走らせることを避けるため、通勤と反対の需要を産む集客施設として、大学を誘致するべく、霞ケ関駅坂戸駅現・獨協大学前駅に広大な敷地を確保していた。その情報を得た獨協学園は、3カ所を視察し、現・獨協大学前駅一帯を第一候補に定め、獨協学園と関湊(東武側の責任者)による交渉が持たれた。

    関は学園との交渉で、東武側のメリットを前にしても、土地を安売りすることはしなかったため、売値は高額だったが、獨協学園は、「東京都心部から近い立地」に魅力を感じて、2万4000坪を大学用地として購入した。

    交渉過程はビジネスだったが、関は天野の思想に感銘を受け、また天野も関の人柄に惚れ、両者は関係を深め、関は獨協学園の理事(後に理事長)に就任している。大学の開学により、街は学園都市としての顔を持つようになり、また朝ラッシュ時に通学需要が生まれ、浅草駅からの折り返してくる電車にも多くの学生が乗るようになった[83]

    周辺環境 編集

    キャンパスに隣接した土地は、平成29年に締結した覚書に基づき[84]、3者連携(UR都市機構草加市・獨協大学)の下、非常に大規模(約54ヘクタールが対象)な、官民一体の複合開発計画が行われている[82][85]コンフォール松原内にあり、草加松原団地の全面建替事業で生み出された敷地を活用している[84]

    • 草加市より、良好な景観形成を目的とした「新市街地形成地区」として指定されており[85]、統一感のある都市空間を整備するために、まちづくりにルールが設けられている[注釈 9]
    • 豊かな緑の配置とともに、商業施設や生活インフラの向上も行われており[85]、敷地内に、商業施設(トーブ イコート)、青少年交流センター(ミラトン)、獨協大学コミュニティスクエア がある[86]
      • TOBU icourt/トーブ イコート[87]
        東武グループによる商業施設であり、東武グループは、この施設を通じてまちづくりにおける獨協大学との連携を更に強めていく方針である[88]。獨協大学のような文教施設と松原団地記念公園に隣接しているエリアの特徴を活かした「Foodie」「Design」「Culture」「Wellness」の4つをコンセプトとし、地域居住者および獨協大学生をターゲットとしたサービスを展開する[89]
      • 草加市立松原児童青少年交流センター(ミラトン)[90]
        子どもの居場所やまちづくりの拠点となるべく「児童館機能に、青少年の活動多世代交流・音楽活動の場としての機能」が加えられた「多世代・多機能型の複合施設」。全ての人が利用できる(子供、および30歳までの若者が中心)。愛称の「ミラトン」は「草加未来トンネル」の意味である。
        • 松原テニスコート…ミラトン内に設置されている、全天候型コート、およびナイター設備が完備のテニスコートである。敷地面積約3766平方メートル。
      • 獨協大学コミュニティスクエア[84]
        学術研究・教育活動×地域との開放的な交流の場」「森の中の教育施設」がコンセプト。
        • 地上1階建て、延床面積1260㎡、2023年3月完成[91][92]
        • 周囲の自然、および施設との融合を目指した構造になっており、パッシブとアクティブな技術を散りばめ、SDGsの達成およびZEB化を目指す。
        • CASBEEにおいて「S(最高評価)」を獲得[93]

    キャンパスのコンセプト 編集

    キャンパス全体が、3つのコンセプト「1. オールインキャンパス」「2. エコキャンパス」「3. ラーニング・コモンズ」に基づいて設計されている。

    • 1. オールインキャンパス
      一つのキャンパスに必要な施設全てが配置され、全学部学科、研究科の学生が1つのキャンパスで学ぶ「オールインキャンパス」であり、その特性が活かされた設計・運営が行われている[31]
      • 学年や学部を超えた人との交流を行いやすい[94]
      • 他学部・他学科の授業の履修がしやすい[95]
      • 学生が勉学と課外活動の時間を効率的に活用できる[注釈 10][96][97][98][99]
      • 事務局が全学部対応することが可能となっている[注釈 11]
    • 2. エコキャンパス
      獨協大学環境宣言」を制定し、エコキャンパスを推進している。
      • 2007年3月以降に施工された建物は全て様々な省エネルギー技術が取り入れられた、環境配慮型の省CO2推進施設となっている[100]
        • 「獨協環境スタンダード」を設定し、環境に配慮した事業を展開している[101]
        • 「獨協大学コミュニティスクエア」は、建築物の環境性能評価システムであるCASBEEにおいて、最高の「Sランク(素晴らしい)」と評価されている[93]
      • キャンパス内の森と草加市内の公園や水辺をつなぐ「地域全体での緑の回廊の形成」を行っており、「獨協の森」と呼ばれるほど、緑豊かなキャンパスづくりを進めている [102][98][103]
        • 芝生広場の水田では10kg以上もの米を収穫し、「食料・農業・環境」の繋がりを学ぶ体験学習を行っている[104]
        • 東棟3階の屋上庭園は、里山風景を再現しており、130種類以上の植物や野菜を栽培している[104]
        • 生物多様性の回復を進める一方で、特定外来生物の駆除にも取り組んでいる[102]
        • 2017年にはツミの営巣も観察されるようになり、餌となる昆虫やカエルが繁殖するなど、学内に多様な動植物・昆虫の生態系が形成されている事が明らかになった[102]

    建物・教育施設 編集

    校舎ドイツの有名建造物をモデルにしている。

    天野貞祐記念館 編集

    外観はドイツの国会議事堂をモデルとし、創立40周年を記念して建設された学内最大の複合施設である。
    「教室ゾーン(東側)、ICZ(中央)、図書館ゾーン(西側)」で構成され、以下の施設を有する[106]

    • ICZ(International Communication Zone)
      3階と4階に位置する英語・ドイツ語・フランス語を中心に各国の書籍やTVに触れられるスペース[107]
    • 図書館
      1階~4階に位置する。蔵書の約半数を1階から3階の開架書架に、残りを4階にある自動書庫に配置。
      研究個室やキャレルコーナー、グループ利用席、共同学習室、AVコーナー、発話トレーニングブースなども設置されている。
      (敷地面積:11555m^2、蔵書約95万冊、閲覧席1130、PC設置席114)
    • 大講堂
      3階に位置する。収容人数は504人で、三層分の高さを有する階段状の円形講堂
      プロジェクターや大型映写幕等の高度なAV設備を備え、講演会や学会など様々な催しが可能である。コンサートなどの音楽イベントにも対応できるよう、可変式残響反射板など音響性能も配慮されている。
    • 獨協歴史ギャラリー
      1階に設置されている。獨協学園の創立から現在に至るまでの歴史を映像や現物資料で展示する。西周天野貞祐を初めとした学園所縁の学者文化人の業績を展示している[108]

    (地上5階建て、高さ33m、延床面積約29,500㎡、施工年2007年3月)
    日本建築家協会優秀建築選2008」「2013年度草加市まちなみ景観賞」受賞

     
    最先端の省エネルギー・環境技術を導入した東棟。平成21年度国土交通省「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」採択。開学時に最初の講義が行われた2棟の跡地に建設された。

    東棟 編集

    外観はドイツのペルガモン博物館をモデルとする。2つの棟をガラス張りのブリッジが繋ぐ構造で、キャレルブースや学生ラウンジなど特徴的な共有スペースを有する。

    • 計65の教室を有し、教室割り等の変更が可能な設計となっている。
    • 1・2階は大規模な階段教室が4室設置され、同一講義を最大1600人が同時に受講可能。
    • 3階には「同時通訳演習室」や「環境生物実習室」などの特殊教室と小教室。
    • 4階はPC教室、5階は全て、ゼミや語学教育などの対面型少人数教育用の小教室。

    (地上5階建て、延床面積約15,000㎡)
    「2011年埼玉県環境建築住宅賞優秀賞(一般建築部門)」受賞。
    国土交通省平成21年度(第1回)「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」採択。

    創立50周年記念館 (西棟) 編集

    東棟と類似した外観となっている。次世代型の学習空間として、先進ICTを活用したアクティブ・ラーニングスペースが設けられている。

    • 30人~500人用の様々な広さの教室とアクティブラーニング教室、およびICT設備や家具が整備された3種類(リラックス・コミュニケーション・多目的)のラウンジが配置されている。
    • 本棟横の旧図書館があったスペースは緑化スペース「北庭」として整備され直された[109][110][111][112]

    (地上4階建、延床面積13,419㎡、竣工年2017年)

    学生センター 編集

    「部室棟」と「すべての学生が利用できる開放的な施設」の両機能を備えた建物。1階は学生が自由に利用できる「オープンスペース」などを設け、部室機能は3階以上に配置されている[113]

    • 基本コンセプトは以下の通り[113]
      • 1. 大学教育における学友会活動の意味を表現
      • 2. 学友会以外の全学生も活動できる場所
      • 3. 利用形態の変化に応じた柔軟な利用
      • 4. 学生と教職員との距離の近さを感じられる
      • 5. 人と建物と自然の調和
    • 1階の多目的ホールは通常、フリースペースとして利用されるが、大学祭や野外コンサートでは床がせり上がり特設ステージになる。
    • 南棟(6階建)は100団体の部室と事務局を集積し、北棟(4階建)は学友会活動を内外に積極的にアピールする情報発信スペース(スタジオアトリエ茶室など)である[114][97][115][116]

    (地上6階建て、延床面積9,556㎡)
    「2013年度グッドデザイン賞」「2013年度草加市まちなみ景観賞」「日本建築家協会優秀建築選100選」受賞

     
    本部棟の跡地へ1981年に竣工した中央棟。法人本部や事務局、教員研究室などの中枢機関が集積する。

    中央棟 編集

    法人本部や事務局、教員研究室で構成され、1階には入試課、講師室、教育研究支援センターなど、2階には総務や会計などの各種事務局や教職員食堂などが設置されている。4階から9階は教員の研究室となっている。

    • CLEAS (クレアス)」という自律学習支援スペースが、2019年4月より1階にオープンした[117]。教育研究支援センターが行う自律学習支援の中核的な場としても機能する。なお、CLEAS という名称は、Central LEArning Square から。

    35周年記念館 編集

    • 1階は体育館アリーナと多目的スペース、各種店舗など[118]
    • 2階には約200名を収容可能な小講堂、座席数約2000の学生食堂がある。
    • 3階は音楽練習室を有する。
     
    グラウンドには第5世代と呼ばれる最新のドイツ製人工芝が敷設されている。芝の枝葉部分は65ミリで、外周には一周約630mのランニングロードが設置されている。

    グラウンド 編集

    • 総面積は約29,000㎡[119]
    • グラウンドの外周には一周約630mランニングロードが設置されている。
    • 2007年3月にリニューアルされ、体育科目や学友会活動のみならず、地域住民の心身の健康維持・増進を目的とした施設となっている。
    • 2005 FIFA U-17世界選手権横浜みなとみらいスポーツパークで採用された第5世代と呼ばれる最新のドイツ製人工芝(枝葉部分は65ミリ)が敷設されている。

    学外施設 編集

    寮(敬和館) 編集

    • 女子学生寮である。
    • 名前は大学創設者の天野貞祐の、人間関係を律する基本的なあり方と考えられる「敬して和する」精神に由来し、命名されている。
    • 1967年より足立区竹ノ塚に設置されていたが、キャンパス再編計画の一環として、地上10階建ての総合教育施設として2012年2月に竣工した。
      • 同施設内に「地域と子どもリーガルサービスセンター」「獨協地域と子ども法律事務所」「社会人向け大学院教室」を含む

    越谷グラウンド(天野貞祐記念球場・サッカー場)[120] 編集

    学生生活 編集

    サークル・愛好会 編集

    「学友会組織も教育機構の一環」と学則に明記されている[113]

    • 大学設立時、天野貞祐は「大学は学問を通じての人間形成の場である」という建学理念の下、「大学教育における全人的な人間性の開発」を目指した。その手段として「授業だけでは得難い、経験・知識・体力」を得るための学生の自主的活動である学友会組織を重視した。
    • 学友会活動の拠点となる「学生センター」は、そうした天野貞祐の理念を具体化するため、最寄り駅から大学中央部へのメイン動線の中で、学生が「最初に出会う」位置に建てられた。
    • 文科系・体育会のサークル・愛好会が活動している。男子ラクロス部は関東学生一部リーグ、硬式野球部は首都大学野球の二部リーグに所属している。

    アルバイト 編集

    学校公認の学校別アルバイト情報サイト「バイトネット」に加盟している[121]

    学内で開催される主なイベント 編集

    語学・国際交流に関するイベント 編集

    • 草加国際村一番地
      草加市国際交流協会と本学の共催により、毎年、本学キャンパスで開催される祭典[130]。世界各国出身の草加市民により、各国料理の屋台・音楽とダンスのステージ・民族衣装の試着体験など、数多くのプログラムが行わる。本学留学生が、各国の言語を用いながら市民と異文化交流を深めるコーナーや、本学学生団体やゼミによる、フェアトレードカフェ、世界が抱える経済格差民族の問題についての研究発表やトークイベントなどが開催される。

    環境問題に関するイベント 編集

    • Earth Week Dokkyo[131]
      年2回、夏と冬(それぞれ1週間)「持続可能な地球社会」をテーマに環境週間が実施されている[132]
    • 伝右川再生会議
      国際環境経済学科のプロジェクトチームが伝右川の再生・浄化活動や啓蒙活動に取り組み、調査・研究活動を行っている[134][62]

    学業・文化・その他のイベント 編集

    • 学園祭
      獨協大学の学園祭は「雄飛祭」と呼ばれ、近年では10月末〜11月初旬の土・日曜日の2日間の開催となっている。雄飛祭実行委員会が中心となって運営を担当し、参加団体は體育会や愛好会サークルゼミなどで、種々のイベントが催される。また例年6月上旬に文化系サークルが中心となる「創造祭」も行われる。[135]
    • 学生懸賞論文
      毎年秋~冬にかけて行われている。「論文としての体裁」「文章力」「結論の論理性」「今日的問題との関連性」などの視点から、最優秀賞や優秀賞が選ばれ、表彰状や副賞が授与される。
    • 経済学部プレゼンテーション・コンテスト(プレコン)
      経済学部生が3人以上でチームを組み、研究・ゼミ活動に関連するプレゼンを行う。2013年度に新設された。最優秀賞、優秀賞、経済学部長奨励賞、アイデア賞、敢闘賞、ベストプレゼンター賞などが表彰される[136]

    奨学金 編集

    経済支援を目的とした獨協大学独自の奨学金が用意されている[139]

    • 給付総額・給付人数は同規模大学の中でトップクラスである[140]
    • すべて給付型で返還は不要である。

    企業からの評価 編集

    人事担当者からの評価 編集

    • 2022年「人事が見る大学イメージ調査」(日本経済新聞社日経HRが実施)[141]において、獨協大学は「関東・甲信越」で第10位にランキングされた[141][142]
      • 全ての上場企業と一部有力未上場企業の人事担当者を対象に、採用した学生から見た大学のイメージなどを聞いた調査である。
      • 全体では28位、私立大学中では3位(慶應義塾大学、早稲田大学に次ぐ)[143]
      • (東京に本社のある企業を対象にした場合)全体5位(私大1位)。
      • 大学の取り組みとしては3項目が上位にランキングされた。
        • 授業の質向上に熱心に取り組んでいる大学:全体10位(私大2位)
        • 日本人学生のグローバル教育に取り組んでいる大学:全体8位(私大5位)
        • 外国人留学生の受け入れ、教育・就職支援に力を入れている大学:全体10位(私大3位)

    脚注 編集

    注釈 編集

    1. ^ 「全カリ」では、全学的に統一された語学教育が提供され、「全カリ英語」と呼ばれる英語教育は、英語を専攻としない学部学科(英語学科・交流文化学科・国際教養学部以外)の全学生が必修であり「一般学術目的の英語(知的活動や学術研究において、どの専門分野でも求められる英語スキル)」の訓練を行う。

      一方、「各学部学科のカリキュラム」では、その学部学科の特性に応じた語学教育が行われている
    2. ^ 太字の6言語は外国語学部・国際教養学部で専攻語としても教育されている
    3. ^ 香港を訪問し、現地の学生と交流、英語でのリサーチ、プレゼンテーション、レポート執筆等を行う研修
    4. ^ (下記は一部の例)
    5. ^ 市民や中学・高等学校の生徒、外国人在住者など
    6. ^ 無料の相談支援活動を毎年100件程度行っている他、子育て中の母親や小学生向けのワークショップも行っている。
    7. ^ 他大学進学希望者が多く、進学校の要素が強いが、近年は本学への進学する卒業生も増加している
    8. ^ 本学への推薦入試資格が得られる高大連携カリキュラム「獨協コース」が設置されており、英語学科・交流文化学科を除く全学科への進学が可能。「獨協埼玉高等学校」卒業生の約2割は本学へ進学する。英語学科・交流文化学科へは「英検準1級取得」などの条件を満たすことで推薦資格が得られる「単願」「併願」推薦が利用可能。一般的に付属校から大学への進学は容易なケースが多いが、獨協埼玉高等学校から、獨協大学への進学は、かなり厳しい勉強の要求・条件が設定されている。
    9. ^ 特に、建物の高さ・建ぺい率・用途・構造などに厳しい制限が設けられている
    10. ^ クラブ・サークル活動に関する施設も1つのキャンパス内に設置されている為
    11. ^ 大学院のみを担当する大学院事務室を除き

    出典 編集

    1. ^ 大学times「グローバル人材の育成と大学の動向」R4.2.28閲覧
    2. ^ 獨協大学HP 学長メッセージよりR.4.2.28閲覧
    3. ^ 大学times「グローバル人材の育成と大学の動向」R4.2.28閲覧
    4. ^ 外国語教育研究所HPの設立趣旨R3.12.11閲覧
    5. ^ 大学times「グローバル人材の育成と大学の取り組み」R4.2.28閲覧
    6. ^ a b c d e f g 公益財団法人 大学基準協会(獨協大学の評価)R4年11月閲覧
    7. ^ a b 2011年11月19日放送「埼玉草加」回令和4年11月閲覧
    8. ^ 朝日新聞社大学力「専門を支える「全カリ英語」」令和4年11月閲覧
    9. ^ a b c d 大学逆引き辞典 語学をツールに、国際社会を切り拓く“獨協”の外国語教育と国際交流R4.12.6閲覧
    10. ^ a b 大学逆引き辞典R5.4.15閲覧
    11. ^ a b Studyplus徹底した英語教育と、学部・学科の枠を超えた幅広い知識と教養を習得R5.4.15閲覧
    12. ^ a b 進学ナビR5.4.15閲覧
    13. ^ マイナビ進学R4.12.6閲覧
    14. ^ 私立大学退職金財団R4.12.6閲覧
    15. ^ 専門を支える「全カリ英語」R4.12.6閲覧
    16. ^ 大学受験パスナビTOP 学部長インタビュー「外国語学部の魅力とは?」R4.12.6閲覧
    17. ^ 大学times vol.11グローバル人材育成と大学の動向R4.3.4閲覧
    18. ^ 大学タイムズ「獨協大学のリベラル・アーツ」R3.12.13閲覧
    19. ^ 広告朝日インタビュー「グローカル人材」の育成を目指し、語学・教養・環境教育を強化R5.7.1閲覧
    20. ^ the japan times ST 2018.4.27『グローバル人材を育成する大学 特集』」で上智大学立教大学と共に紹介されている「大学Times vol.11グローバル人材育成と大学の動向」で国際基督教大学・上智大学と共に特集されている
    21. ^ 大学Times Vol.16グローバル人材と大学の取り組みR4.3.4閲覧
    22. ^ a b 大学TimesVol.16「内なる国際化の推進へ」R4.3.4閲覧
    23. ^ theJapanTimesAlpha グローバル人材を育成する大学R5.7.1閲覧
    24. ^ 国連アカデミック・インパクトJapanホームページR5.7.1閲覧
    25. ^ マイナビ進学R4.12.6
    26. ^ 大学受験パスナビ 学部長インタビュー「外国語学部の魅力とは?」獨協大学R4.12.6
    27. ^ 国連アカデミック・インパクトホームページR5.7.1閲覧
    28. ^ theJapanTimesAlpha 獨協大学グローバル人材を育成する大学R5.7.1
    29. ^ テレ玉 獨協大学で学生と留学生の交流会R5.7.1
    30. ^ a b 日本英語検定協会R4.3.4閲覧
    31. ^ a b c d e f g h 公益財団法人 大学基準協会(獨協大学の評価)R4年11月閲覧
    32. ^ alpha.japantimes「獨協大学 |グローバル人材を育成する大学」R5.1.7閲覧
    33. ^ a b Forbes「多様性野菜」の活用を通じて世の中に気づきを与える取り組みR5.1.7閲覧
    34. ^ 獨協大学「創立50周年記念館(西棟)」への導入事例R5.1.7閲覧
    35. ^ 日経BizGate革新生む技術・人材 「知」の先駆者が貢献をR5.1.3閲覧
    36. ^ 福島イノベーションコースと構想R5.1.3閲覧
    37. ^ 福島民報 国天然記念物の鍾乳洞で地域活性化 福島県田村市と獨協大R5.1.7閲覧
    38. ^ 東武よみうりweb版 草加市・獨協大生が「注染」の商品開発、販売へR5.1.7閲覧
    39. ^ NHKニュースweb 性に関する正しい知識や人権意識を 大学生が自主的に学び啓発R5.1.7閲覧
    40. ^ 東武よみうりweb版 草加市・学生目線で“未来図”提案R5.1.7閲覧
    41. ^ 草加市ホームページ令和4年11月閲覧
    42. ^ 内閣府R4.12.4閲覧
    43. ^ 足立区生涯学習センターの総合案内サイトR5.6.13閲覧
    44. ^ RICE | 建設経済研究所 - HOME各種講演会ポストコロナの住宅、都市と関連政策(動画)令和4年11月閲覧
    45. ^ スタディサプリ進路令和4年11月閲覧
    46. ^ a b c 埼玉県ホームページ 大学と地域等との協定締結状況令和4年11月閲覧
    47. ^ 草加市HP R3.12.17閲覧
    48. ^ 東武よみうりweb版 草加市・学生目線で“未来図”提案令和4年11月閲覧
    49. ^ [1]CiNiiによる獨協大学環境共生研究所論文データベースR4.2.28閲覧
    50. ^ マイナビ進学R5.10.8
    51. ^ BenesseマナビジョンR5.10.8閲覧
    52. ^ 国立国会図書館サーチ 情報学研究 = Journal of informatics 獨協大学情報学研究所 編R4年11月閲覧
    53. ^ BenesseマナビジョンR5.4.2閲覧
    54. ^ 文部科学省高等学校教員(情報)の免許資格を取得することのできる大学令和4年10月30日閲覧
    55. ^ 株式会社進研アド 大学院へ行こう令和4年10月30日閲覧
    56. ^ 獨協大学院 博士前期課程 情報専修コース令和4年10月30日閲覧
    57. ^ 文部科学省高等学校教員(情報)の免許資格を取得することのできる大学令和4年10月30日閲覧
    58. ^ 創成社 書籍詳細:環境学への誘い 令和4年11月閲覧
    59. ^ 環境ネットワーク埼玉(第8回低炭素まちづくりフォーラムin埼玉) 令和4年11月閲覧
    60. ^ a b theJapanTimesAlphaOnline春のグローバル教育特集R4.3.4閲覧
    61. ^ 進路ナビ(ライセンスアカデミー) 令和4年11月閲覧
    62. ^ a b 環境省「令和2年度「水・土壌環境保全活動功労者表彰」受賞者一覧」R4.12.17閲覧
    63. ^ 獨協大学人権宣言R5.1.15
    64. ^ 2020.9.1のニュース
    65. ^ スタディサプリ進路 獨協大学、埼玉県内の大学初「埼玉県SDGsパートナー」登録R4.12.18閲覧
    66. ^ 革新生む技術・人材 「知」の先駆者が貢献をR4.12.18閲覧
    67. ^ SDGs達成に向けた宣言書(要件1)埼玉県ホームページ2021.4.29閲覧
    68. ^ 埼玉版働き方改革ポータルサイト > 学校法人獨協学園 獨協大学R5.4.11閲覧
    69. ^ 新宮讓治「獨逸学協会学校の転換―法律学校から医学予備門へ―」『日本医史学雑誌』第58巻第2号、一般社団法人日本医史学会、2012年6月、134頁。
    70. ^ a b 獨協中学・高等学校同窓会 年表 戦前編より
    71. ^ 吉田隆英「封印された記憶-獨逸語専修学校と魯迅-」『東北大学中国語学文学論集』第9号、東北大学中国文学研究会、2004年11月、179-180頁。
    72. ^ 本学HP ニュース2019.6.19
    73. ^ http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=qOvmTXbwJAwJ&p=%E7%8D%A8%E5%8D%94%E5%A4%A7%E5%AD%A6+%E6%B3%95%E7%A7%91%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2&u=www.dokkyo.ac.jp%2FPDF%2Faa7554fdfdc779d67943f57a6acc64cc.pdf#search=%27%E7%8D%A8%E5%8D%94%E5%A4%A7%E5%AD%A6+%E6%B3%95%E7%A7%91%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%27
    74. ^ 日本学術振興会ホームページ
    75. ^ 単位互換制度[リンク切れ] - 獨協大学HP
    76. ^ 単位協定締結校 - 放送大学HP
    77. ^ 単位互換制度[リンク切れ] - 獨協大学院HP
    78. ^ 獨協高校HP2019年大学合格実績より。獨協大学への一般入試合格者数 8(2017)→5(2018)→16(2019)、併設校推薦進学者数1(2017)→4(2018)→6(2019) https://www.dokkyo.ed.jp/future_course/results
    79. ^ 獨協埼玉中学校・高等学校HPより
    80. ^ 同高校HP→教育 進路→学習内容
    81. ^ 獨協埼玉高等学校 学校評価 第三者評価2014年度 より
    82. ^ a b c 東洋経済 東洋一のマンモス団地「松原団地」60年経った今R5.1.15
    83. ^ 東武・獨協大学前、「東洋一のマンモス団地」を支えた駅の変身 かつての「松原団地駅」は学園都市の玄関にR5.7.22閲覧
    84. ^ a b c UR都市機構R4.11閲覧
    85. ^ a b c 住みよく、オシャレな街「草加松原」|ソライエシティ|住友不動産R5.1.15閲覧
    86. ^ CREATORS【草加市】松原団地跡地に動きが。更地が続いた土地にオープン予定のお店があります!R5.1.14閲覧
    87. ^ トーブイコートHPR2,2/22閲覧
    88. ^ 東武グループプレスリリースR4.2.22閲覧
    89. ^ 東武鉄道株式会社ニュースリリースR5.1.14閲覧
    90. ^ 草加市HP松原児童青少年交流センターmiraton(ミラトン)・松原テニスコート オープニングイベントを開催しましたR5.1.14閲覧
    91. ^ 国土交通省 令和3年度第2回サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型) 採択プロジェクトR4.12.4閲覧
    92. ^ 国立研究開発法人建築研究所令和3年度採択プロジェクトR4.12.4閲覧
    93. ^ a b [2]R5.6.17閲覧
    94. ^ 君はどの大学を選ぶべきか2022年度版P238R4.3.1閲覧
    95. ^ ナレッジステーション(Knowledge Station)獨協大学 R3.12.17閲覧
    96. ^ 逆引き大学辞典R4.3.1閲覧
    97. ^ a b ランクセス事例紹介R3.12.12閲覧
    98. ^ a b リクルート進学総研>カレッジマネジメントR3.12.12閲覧
    99. ^ 清水建設の事例解説R3.12.12閲覧
    100. ^ J-GLOBAL獨協大学における省CO2エコキャンパス・プロジェクト R3.12.18閲覧
    101. ^ 毎日新聞 獨協大学がキャンパス内の小川で「ホタル観賞会」を開催 R3.12.17閲覧
    102. ^ a b c 草加市HPそうか生き物だより第10号 R3.12.18閲覧
    103. ^ 毎日新聞 野鳥も営巣、憩いの場 まちなみ景観賞の緑と建築物 R3.12.18閲覧
    104. ^ a b リクルート進学総研 カレッジマネジメント 新世紀のキャンパス獨協大学R4.12.4閲覧
    105. ^ 清水建設株式会社 キャンパス展開型ラーニングコモンズの構築 獨協大学「創立50周年記念館(西棟)」への導入事例 R3.12.18閲覧
    106. ^ NTTファシリティーズ Works & Projects R3.12.17閲覧
    107. ^ TV東京「出没アドマチック天国2011年11月19日放送R3.12.12閲覧
    108. ^ 獨協大学ニュース2008.5号
    109. ^ 本学HP 2018.3.28
    110. ^ 久米設計実績一覧 R3.12.14閲覧
    111. ^ 東京ガス事例 R3.12.14閲覧
    112. ^ 清水建設施工実績 R3.12.14閲覧
    113. ^ a b c 大学時報2015年9月号R4.12.17
    114. ^ 石本建築事務所 事例紹介R3.12.12閲覧
    115. ^ 大林組 実績R3.12.12閲覧
    116. ^ 建設通信新聞Web刊 人、自然、建物が調和する空間創造 獨協大学が建設する「学生センター」 R3.12.18閲覧
    117. ^ 本学HP ニュース一覧 2019.3.28
    118. ^ 1階にはセブン-イレブン書店(丸善)、旅行代理店(東武トラベル)、自動車教習所専門学校・卒業時装等斡旋サービス、アパート斡旋サービスなどが出店する
    119. ^ サッカー(68m×105m)、ラクロス(男子:55m×100m、女子:60m×100m)、ラグビー(70m×120m)、アメリカンフットボール(48m×109m)、野球フットサル(18m×38m×3面)、テニス(10.97m×23.77m×4面 ※公式2面)、アーチェリー(90m、70m、60m、50m、30m)、陸上競技(300mトラック2レーン、150m陸上直線走路3レーン)に対応する
    120. ^ 本学HPR3.12.16閲覧
    121. ^ バイトネット加盟学校一覧R5.1.1閲覧
    122. ^ 早稲田大学HP R3.12.16閲覧
    123. ^ 本学HP 2018.11.20
    124. ^ 出典:本学HP 2018.11.20
    125. ^ 本学HPイベント情報 2018.12.8
    126. ^ exciteニュース 獨協大学が11月19日に第33回獨協インターナショナル・フォーラム「新しい時代と生涯キャリア教育 -- ドイツの『国家継続職業教育戦略』から何を学べるか? --」を開催R4.12.17閲覧
    127. ^ 白水社webふらんすR4.12.17
    128. ^ SJLLF視えるを問いなおす―アート・イメージ・テクスト」獨協大学R4.12.17
    129. ^ 株式会社サイマル・インターナショナル 協賛フォーラムのご案内:第29回獨協インターナショナル・フォーラムR4.12.17閲覧
    130. ^ 本学HP 2018.6.25
    131. ^ the japan times alpha online「獨協大学 | グローバル人材を育成する大学」R3.12.12閲覧
    132. ^ GREENPEACE「日常と環境問題を繋げるきっかけを」Earth Week Dokkyo実行委員会R4.12.17閲覧
    133. ^ 東京ガス 学校法人獨協学園 獨協大学 創立50周年記念館(西棟)様R4.12.17
    134. ^ 国立国会図書館オンラインR4.12.17閲覧
    135. ^ 本学HPイベント情報2015.6.3~6.6
    136. ^ 本学HP (2018.10.24イベント)
    137. ^ 獨協大学父母のHP「沿革」
    138. ^ 本学HP 2018.5.24
    139. ^ エイビ進学ナビR4.12.18
    140. ^ 大学まるわかり辞典R4.12.18閲覧
    141. ^ a b 《日経HR》『人事が見る大学イメージ調査』”. 2022年6月3日閲覧。
    142. ^ 日本経済新聞令和4年6月1日朝刊.35面.東京・首都圏経済
    143. ^ スタディサプリR5.1.3閲覧

    外部リンク 編集