メインメニューを開く

玄広 恵探(げんこう えたん)は、戦国時代武将今川義元の庶兄。今川良真(ながさね)を名乗ったとする説もある。

 
玄広恵探/今川良真
時代 戦国時代
生誕 永正14年(1517年
死没 天文5年6月10日1536年6月28日
改名 玄広恵探→良真?
氏族 今川氏
父母 父:今川氏親、母:福島正成[1]
兄弟 氏輝彦五郎玄広恵探義元氏豊
瑞渓院北条氏康正室)、
松平親善室(後鵜殿長持室)、
中御門宣綱室、関口親永室、
瀬名氏俊
テンプレートを表示

略歴編集

永正14年(1517年)、今川氏親の子として誕生。

異母弟・栴岳承芳(後の義元)や象耳泉奘と同じく、早くに出家して花倉の遍照光寺(静岡県藤枝市)の住持となる。

天文5年(1536年)、今川家当主の氏輝とその次弟・彦五郎が相次いで急死したため、氏親の正室であった寿桂尼の子の栴岳承芳が還俗して今川義元を名乗り、家督を継ごうとした。これに反対して、玄広恵探は福島氏に擁されて挙兵し花倉城に拠るが、栴岳承芳派に攻められて瀬戸谷の普門寺で自害した(花倉の乱)。

逸話編集

  • 桶狭間の戦いの直前、義元の夢の中に恵探が現われ「此度の出陣をやめよ」と言った。義元は「そなたは我が敵。そのようなことを聞くことなどできぬ」と言い返すと「敵味方の感情で言っているのではない。我は当家の滅亡を案じているのだ」と述べたため夢から覚めた。義元は駿府から出陣したが、藤沢で恵探の姿を見つけて刀の柄に手をかけたという(『当代記』)。

脚注編集

  1. ^ 一説に福島越前守